スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 ヘボン祭 様々な出し物の様子   

11月3日に私の母校である明治学院東村山に行ってきました。
私自身作品を大学に搬入した足で行ったので、昨日は本当に疲れました。
しかし、やはり原点回帰というか、母校に帰ってみるということはいいものですね。中にいたときは外に出たい。はやく卒業したいと感じていたものが懐かしくなる。
私は偏屈ですので、同い年の連中よりかはやはり先生たちと話しているほうが随分楽しい。先日は高校時代にお世話になった先生方と心行くまでお話ができて非常に嬉しかったです。
一旦生徒と教師という関係、枠組みから抜けてしまうともう大分自由になる。そんなに気をおかずに楽しく対話ができることがとても喜ばしい。腹を割って「私たちは教師の眼から見たらどんなだったか」なども話を聞くと興味深いことがたくさん。
私も国語教師志望なのでやはり国語の先生からは貴重なお話がたくさん聞けませした。
今回はそんな楽しい文化祭の様子をちらりとお見せしましょう。

科学の先生。ケーナ奏者でもあり、喫茶店まで経営するという多趣味で素敵なおじ様。私に随分よくしてくれました。
RIMG0229_convert_20111104225844.jpg

美術部の展示模様。
私の3つしたの代が9人も入ったとかで稀に見る大展示になりました。2つしたの代が3人しかいなかったので、先輩としては一安心。みんなすっかり大人になって、ちゃんと先輩として後輩の指導にあたっていました。感激。
RIMG0235_convert_20111104230107.jpg

RIMG0243_convert_20111104230202.jpg

RIMG0241_convert_20111104230139.jpg

RIMG0250_convert_20111104230225.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。