スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜根譚 シリーズ1 処世譚から学ぶ 現代に必要な知恵

saikondan.jpg

この菜根譚(さいこんたん)は明の時代、洪自誠(こうじせい)により書かれました。菜根とは菜っ葉や大根のような粗食という意味で、宋代の学者、汪信民の「常に菜根を咬み得れば、百事なすべし」の言葉が引かれており、この題もそこからとられたものだといわれています。
「菜根譚は前集222条、後集135条からなる中国明代末期のものであり、主として前集は人の交わりを説き、後集では自然と閑居の楽しみを説いた書物である」とあります。
作者の洪自誠は宮仕えの苦心、組織への深いまなざし等、相当社会人として苦労したろうことが窺えます。しかし、彼はその中で上手く生きていく方法、つまりは処世術を説くと同時に、心は既に俗世を離れ、精神の世界への昇華も果たした人物だと考えます。

今回は中国古典百言百話というシリーズの中から彼が説いたものの中で私の心に残ったものをどんどん紹介していきたいと思います。この本では一つの短文に対し、編者が解説と感想を述べています。このブログのような感じですね。それをそのまま書いてもいいですが、無益だと感じるので題と訓読文、それから現代語をつけておおくりいたします。
皆さんはそれを読んでこころに思ったことをそれぞれ大切にしていただければと感じます。


・志は明らかに示せ、才能は深く秘めよ
君子の心事は、天青く日白く、人をして知らざらしむべからず。君子の才華は、玉包まれ玉蔵れ、人をして知りやるからしむべからず。
みずからの信条にやましいことがなければ、事にあたって裏も表もなく「私はこう思う」とはっきり言えるはずだ。あの人の言うことに嘘はないという信用は、こうして形つくられる。


・一肌脱ぐ心意気、一点の純真さだけは
友に交わるにはすべからく三分の侠気を帯ぶべし。人となるには一点の素心を在するを要す。
報いられることを期待せずに「あの人のためならやったげたい」という侠気にめざめたとき、私たちは友とするに足りる人と出会ったのだ。そして、この気持ちは相手にも通じ、その精神の最も美しい部分を呼び覚まし、お互いの心のきずなが結ばれて、まことの友人関係が生まれるのである。


・うぬぼれは功績を台無しにする
世を蓋うの功労も、一個の矜(きょう)の字に当たり得ず。天に渡る罪過も、一個の悔の字に当たり得ず。
天下に鳴り響くほどの功績を立てても、それを鼻にかければ何の値打ちもなくなってしまう。天の神の怒りを買うほどの罪を犯しても、心からそれを反省すれば、罪は残らず消えてしまう。

・手柄は譲り、失敗のドロはかぶれ
完名美節は、よろしく独り任ずべからず。辱行汚名は、よろしく全く推すべからず。
功績や名声は独り占めにするものではない。他人にもいくらか花をもたせることによって羨望や嫉妬の害を受けないようにすべきだ。失敗や汚名をすべて他人にかぶせてはならぬ。自分もいくらかはその責めを負うことによって謙遜の心を養い、人格を磨くべきである。

・完璧主義は自分を苦しめ、周囲を殺す
もし業は必ず満を求め、功は必ず盈(えい)を求むれば、内変を生ぜざれば必ず外憂を招かん。
完璧主義者への警告である。ものごとや人間を評価するとき、プラス焦点で見るか、マイナス焦点で見るかによって判断は大きく変わってくる。プラス焦点は対象の優れた点をまず評価し、欠落や弱点については「これはこうしておけばもっとよかったのに」と残された課題として指摘する見方を言う。これに対しマイナス焦点とは、欠陥や弱点をとことんつついて、たとえすぐれた面があろうとも帳消しにしてしまう見方だ。


・動と静、心のコントロールで充実した人生を
動を好むは雲電風灯、寂を嗜むは死灰稿木。すべからく定雲止水の中に、鳶飛び魚躍るの気象あるべし。
むやみに動き回ってばかりいては、雲間の稲妻か風に吹かれる灯火のように、落ち着きというものがまるでなくなる。といって、静寂ばかりを愛していては、冷え切った灰か枯れ木のように、生気が失われてしまう。動かぬ雲の間を鳶が舞い、静かな水の中に魚が躍るように、静と動とがひとつに解け合った境地こそ望ましいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。