スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はやっぱり、働かない自由があってもいいと思う

6f28837c.jpg


先日、5月7日にこんな番組が放送されていた。
「56歳ニート息子」
「あのニュースで得する人損する人」という有名番組で取り上げられたものだ。
内容は、56歳にもなって、仕事をまったくせず、年金暮らしの親、79歳母の年金、月8万円をつかって、生活している、というものである。本人は一日中働かずに、家でごろごろしているだけ、というもの。
さて、この番組の放送は、かなりの反響を呼んだようである。
番組の放送と同時に私はTwitterをひらいてみたのであるが、#ニート息子というキーワードがトレンドに乗っているくらい、Twitterでも反響があった。
おもしろいので、どのような反応をしているのかと思い、タグを追ってみる。

もぎ太 ‏@okui_mogita
今さあ56歳独身で母親にパラサイトしてるニート息子のやつ見てるんだけどこれさあやらせだとしても現実にこういうの絶対あるよ、見てたらくそ泣けてくるし死んでもこんな人間になりたくねえ。親孝行出来る人間になれんくらいなら自殺する方が何倍も楽って感じだ。

しばくぞおじさん ‏@shibakuzo123
56歳ニート息子、79歳の母親の毎月8万円のわずかな年金で暮らしてるのに、それをあてに生活して、おまけに母親の金でお菓子買ったり、母親の財布から1000円盗んだりしてる。しばくぞ、働け→

[殲滅姫]天使 紗路+ (CV.小倉唯) ‏@_Syaro
ニート息子くそごみじゃねぇか

ひいらぎ ‏@new_hiiragi
56歳のニート息子がトレンドだが40代後半のニート息子や娘はゴマンといるぜ。俺の周りにも居る。親の年金で生きてるクソはモットいる。56歳でニートで健康ってのも厄介だな。普通はそんな生活してたら成人病で早く死ぬのにな。

クロエ@メロディアスペンギン
‏@pyk01
損得見てたらニート息子拗らせすぎて笑えるとか腹立つとか通り越してワケわからん憎悪にも似た感情が…でもこんななる前に若いうちに親もどうにか出来たやろとも思うのよ…



いくつか引用をしてみた。
私はこれらの人の意見を一概に否定するつもりはない。そういう感情があるだろうな、ということは、私も流石に予想ができる。しかしである。
私がいいたいことは次の様なことなのだ。少しツイートしてみたので、それを引用してみる。


なんかテレビで、56歳のニート息子がうんぬんってやってるけど、なにがいけないのか、ちっとも僕にはわからなかった
経済的な自立こそ善だ!というような暴力的な前提がそこにはあるようだけれど、その思い込みさえなければ、働かなくても母親の年金でなんとかやっていけているのだからいいのでは?

働くか働かないかは本人の自由意志なので、むしろこの働くことが善で働かないことが悪みたいな意味の解らない社会で働かないという選択肢をとりつづけてきたその人には、上から目線で叱るなんてとんでもない、よくやったと褒め称えたいくらいだが

前提として、「経済的に自立しなければならない」という価値観があるのはわかる。そして、その価値観を信奉するのもいいだろう。しかし、だ。それを他人に押し付けるなかれ。その自分の価値観を他人にまで敷衍するな、経済的に自立しなくてもいい、という価値観もあることを認めなければなるまいよ

先ほどの56歳ニート息子。
もう少し正確に描写する必要があるようだ。
前提として、本人はあの状態に満足している(少なくとも不満ではない)。もし、本人が働きたい、とかもっといい暮らしをしたい、ということであれば、何らかのアクションを起こす必要があり、それを援助する必要がある

けれども、彼自身はあの生活でいい、と思っているのであって、本人がいいと思っていることを、なぜ他者がとやかくいうのか?というのが僕の論点なのだ。結論はいう必要はない。本人がいいのなら、それでいい、と。

そして親の年金にパラサイトしているぶん、彼は十二分にその制裁を受けている、と僕は思うのだ。
月8万円で二人分の生活を賄うのであるから、一日食費と合わせて2000円程度の生活をしている。すでに最低限の底辺に抵触した生活を送っている彼に、これ以上なんの制裁が必要だといえよう

僕が指摘したいのは、ああいう人を取り上げることはいいことだ。多様な社会の在り方、人生の生き方を知ることができるからね。
しかし、あれを取り上げて、番組全員でぶったたく、なんとかして制裁したい、というその感情があけすけに見えてしまっている、そこに日本人の問題があるのではないか、と

日本は十分に豊かな国なのである。働かなくても餓死しなくて済むほどには。
であれば、生活保護等の制度や、親にパラサイトして、最低限の生活で生きていく、ということになんの問題があろう。彼を叩きたくなる、その自分の心情を、一度きちんと精査して見る必要があるのではないか?

ここからは少し飛躍するが、つまり、働いていないで怠けている人のことを、許せない!それが問題なのではないだろうか?
自分が苦しい思いをして働いているのに何もしないで生きている人がいる。そういう人達への恨みから彼に対して「シネ」だの「クズ」だのという言葉が吐き出されているのではないか

できるだけ誠実にこういう認識の仕方もあるのだよ、ということを描写しているんだけど、あまり共感を得られなさそうだ。それは残念なことではあるが、できれば、そういう生き方もあるのだ、それに対して許せない!という感情がなぜでてくるのか、というところを考えてほしい

自分が働いていて、つまり、いい成績をとって、いい学校をでて、というコースに乗っている時は人は強いし、その強さを他人に強要するものなんだよね。でも、そこからドロップアウトしてみると、それがいかに厳しく、不寛容であることかと思われてくる。



こんなところが、僕の意見だ。
結論から言えば、働かない自由があってもいいじゃないか、ということだ。
当人がそれでいいのなら、それをとやかくいう資格は他者にはないだろう、むしろそういう生き方を認めて上げることが必要なのではないか?というのが僕の意見だ。それと同時に、こういう人たちをみて、死ね、クズ、等の言葉が出てきてしまう、それをTwitterに呟いてしまう、そういう人達の暴力性というものが問題なのではないか?それがいったいどこから出てきているのかをキチンと一度改めて見ることが必要なのではないか?というのが僕の問題意識なのだ。

この番組では、結局この取材されていた人は、吉本のお笑い芸人であることが判明、ネットでは「やらせ」だと、批難殺到している。
しかし、私はそこには特に問題はないと思う。もちろん、これはテレビの演出上のものなのだろう。だから「やらせ」ということはわかる。しかし、たとえここで放送されたものが「やらせ」であったとしても、こういう生活をしている人たちは世の中にたくさんいるのであって、私はその点において、こういう人たちをやや誇張的ではあったが、取り上げたことの意味は大きいと思う。
しかし、問題なのは、番組に出演していた全員が全員、この人物を叩き上げていたことである。
私は、なぜ働かない自由をみとめてあげることができないのか?と不思議に思う。
この人物はすでに、働かないという選択を通じて、それなりの制裁を受けているのだ。いわば極貧生活をしているわけであり、すでに制裁は受けている。それでも本人はいい。極貧でもいいから、働かずに静かに生活をしていたい、そういうことなのだろう。それをダメだなんだと叩くのは、ひどいではないか。
障害者を取り上げて、だからだめだ、なんだと言っているのと構造として同じなのではないか?
今のはやや言い過ぎたかもしれないが、つまり私がいいたいのは、働ける強い人が働けない弱い人を、だからだめなんだというのは、あまりにも暴力的なことではないか?ということなのである。

人はみな、強いわけではない
が、我々はそれをしばしば忘れてしまう。
いい成績を取り、いい学校に入り、いい会社に入り、いい給料をもらい、いい相手をもらい、そういういわばコース、のようなものは、強いひとたちのものである。
みんながみんなそれに耐えられるだけの精神や肉体や状況、環境をもっているわけではない。
彼のように、働けない、働く意思がなくなってしまう人間だって、ごく一部ではあるが、いるのである。そういう人たちに、自分達ができるから、といって、それを押し付けてしまうのは、暴力以外のなにものでもないのである。
我々はまず働かなくても生きている人達のことを、認めるところからはじめなければならない。そういう生き方もあるのだ、ということを知り、それを受け入れること。
人間を働いているか働いていないか、という二択で、いいと悪いにわけることの暴力性。誰もが働けるわけではないし、誰もが働きたいわけでもない。そのようななかで、働かない、という選択肢を選んだ人達を誰がさばけるというのだろうか。
もし、これでもまだ、働かない人間はクズだ、ダメだ、社会のゴミだ、と考える人があれば、そう考え冴える原因は何かを一度きちんと見つめてもらいたい。
少しヒントをつけくわえておけば、それは「社会」によって作り出された「幻想」の「価値」なのかもしれない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
237位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。