スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天家族 森見登美彦 感想とレビュー 家族愛を読み解く 叡山電車その正体とは

RIMG0011_convert_20110922003933.jpg

京都の不思議、神秘といったものは実に興味深いですね。森見氏はかつてきつねのはなしをだしています。そしてきつねといったら今度は狸ですよ。今回の主人公はみんな狸。
主人公は人間に化けるのが得意な狸。かわいい女子高生になったり、森見先生、延いては成人男子諸君がすきな胸を膨らましたりすることも自由自在。物語は偏屈と頑固を権化にしたような天狗の師匠や、年に一度狸なべをして狸を食ってしまう金曜クラブの弁天という女性がでてきて進展します。
なんとこの弁天、師匠である天狗のかつての弟子。つまり主人公の狸にとっては姉弟子でもあります。しかしなんとあろうことか物語りの終盤には主人公の父である狸(この偉大な父は最初から食べられてしまっている)を食べたのが金曜クラブであったことが判明。つまり父は姉弟子の胃袋に納まっていたということになるのです。なんと衝撃的な。
優しい母、そしてこの伝統ある狸の家を守っていく長男、あるときから井戸の中に隠れて二度と出てこようとしない次男、そして主人公である三男にふりかかる災難。師匠や金曜クラブとの関係や偉大なる父を恨み続けてきた叔父の策謀。これらが深く入り混じって襲い掛かる。季節はもう金曜クラブの狸鍋が行われるころあい。次に鍋になって金曜クラブの胃袋に入ってしまう狸は誰なのか。叔父の仕掛ける秘境極まりない手によってピンチに立たされる兄弟。終局に近づくにしたがってあきらかになってくる父の死の真相。
京都を舞台とした傑作ファンタジー。これを読まずして森見登美彦氏はかたれない、と勝手に思っている管理人。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。