スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚『風と共に去りぬ』 感想とレビュー 女が演じる男

3190572879614d0f50cce6f577dca817.jpg


―はじめに―
 ここ一カ月、様々なイベントが立て続けに起きて忙しかったですが、とりわけ一番私にとって大きかった出来事は生まれて初めて宝塚のレビューを観に行ったということです。昔から何かのショーや、演奏会、劇を見るのが好きだったのですが、宝塚はまたそれらとは異なった色彩を放っています。前々から一度あの輝かしい世界を観に行ってみたいなと思っていたのですが、なかなか機会がなくていけませんでした。でも、いつまでもぐじぐじしていても何も始まらないので、ネットでチケットが取れるものかどうか試してみたのです。というのも、私は宝塚に行きたいと思っていても、まったくのド素人だったので、宝塚を見るためには何かの会に所属しなければならないのかな、なんていうことを考えていたからです。で、なぜかあっさりとチケットが買えてしまった。宝塚はすごい人気でチケットなんか発売日に即完売だという勝手な妄想がありましたから、ラッキーと思ってすぐにチケットを買ってしまったのです。
 ところが、そこでチケットがすんなりと買えたことを何故か?と疑わなければならなかった。何故チケットが買えたのか、やほおの路線案内で行先を調べているうちに気が付きました。私は本当に無知だったものですから、あれだけ有名な宝塚というものはてっきり東京で行われているものなんだろうと勘違いしていたのです。もっともこの考えは半分は当たっていて、現在では東京公演のほうが規模が大きいようですが。しかし、路線をしらべて愕然としたことには、路線案内に飛行機が登場したことです。で、はっと悟ったのです。これは、東京で行われるものではない。宝塚の本拠地兵庫で行われる公演だと。
 チケットの払い戻しはできないし、かといって兵庫までというのもしんどい。ここは諦めるか?と一瞬考えましたが、しかし、公演の前後はちょうど世間ではシルバーウィークなる日々。学生のうちに宝塚の本拠地に行って、宝塚大劇場を見るということはいい経験になるんじゃないかと思いなおして、すぐさま夜行バスのチケットを購入。ぱっと行ってしまったわけです。ただその後に大学の学園祭が控えていたものだから、せっかくの大阪・兵庫旅行、一泊もしませんでした。行きは夜行で、朝に現地入り。そして公演を見た後、大阪に戻ってほんの少しの観光。道頓堀に行きました。かわいいお姉さんにいっぱい声をかけられて、いやいや僕はそんなにお金を持っていないのになと思いながら逃げました。で、その夜は休まずにそのまま夜行で帰るという超ハードスケジュール。このブログをいつも読んでくださる奇特な読者の方にはもうお分かりでしょうが、こんなに文学のことばかりやっている文学青年が体力に自信があるわけもなく、前々から夜行バスは疲れるのでできるだけ乗りたくないと思っていたにもかかわらず、お金がないので仕方なく、いやはや大変な思いをしました。
 30時間ほど横になるということがなかったのですが、人間横になって眠ることの重要性を本当に感じましたね。と、こんなに長くつらつらと宝塚初体験を書いてきましたが、後半からは観劇のレビューです。

―女が演じる男―
 今年は様々な観劇をすることが多かったのですが、そのなかでも印象的だったのが、夏に見た歌舞伎。
伝統的な言語文化としての歌舞伎鑑賞
http://hennkutubunnkazinn.blog.fc2.com/blog-entry-474.html
 紅葉狩という演目を見たのですが、そこで感じたことは、男性の演じる女形の美しさというものです。


 私は実際に見たことはありませんが、映像などで拝見するかぎり坂東玉三郎の女形というのはやはり素晴らしいものなのではないでしょうか。見ているだけで本当にうっとりとします。この映像で、玉三郎氏も述べていますが、確かに女形は男性の理想化した女性像でしかないかもしれません。ですが、やはり理想を具現化しているから美しさの極みといったものがあるのではないでしょうか。写実主義、リアリズムの世界からみれば、ただの理想だと一瞥されるかもしれませんが、しかし、現実がすべてということでもないでしょう。理想には理想だからこそ素晴らしい部分があると思います。
 今回、宝塚をみて思ったのはこれと反対のこと。すなわち、女性が演じる男性というのもいいものだなということです。


↑これが今回私がみた宙組公演の『風と共に去りぬ』のPV
時間がなかったので、事前学習としては1939年に公開された名作中の名作『風と共に去りぬ』の映画のみを見るまでにとどまりました。原作も一応揃えて、一冊目の途中まで読んだのですが時間切れです。原作をすべて読んでいないので何とも言えないのですが、宝塚のレビューは1939年の映画版を舞台化したようです。最近では話題になった「レ・ミゼラブル」が原作の映画化ではなく、舞台の映画化といったように、二重に翻訳されるということが少なくありません。ほとんどが映画に似ていましたので、原作の舞台化というよりは映画の舞台化といったほうがいいと思います。ただ、昔の映画というのは人々の時間もあったから悠長なもので、なんと1939年の映画は4時間の大作なのです。私も借りて見ていましたが、はじめてDVDの両面に焼かれてあるというのを見ましたね。流石に四時間はできないとあって、途中休憩を30分入れて3時間くらいの演目でした。だからかなりカットしてある。映画では子供が登場して、それが重要な部分を占めるのですが、宝塚は他の劇団とは異なります。子役をとらないわけですからその部分は全てカット。おそらく、何も知らないで宝塚のレビューをいきなり見る人にとっては少し難しいのかなと思いました。

 ですから、宝塚版の『風と共に去りぬ』はストーリーを重視しているわけではないのです。そのかわりにどこを重視するかというと、そこは宝塚という世界にも類を見ない不思議な文化がはぐくんできた男役です。歌舞伎では女形が注目されるように、宝塚では男役が注目されます。今回のポスターには、「レット・バトラーという生き方がある」と記されており、その特色をよくあらわしていると思います。世界的に有名な『風と共に去りぬ』ですが、その魅力は主人公である自由奔放に生きたスカーレット・オハラだと考えるのが通常です。しかし、それも宝塚にかかるとレット・バトラーが主役として登場する。ある意味では、宝塚版の『風と共に去りぬ』は、スカーレット・オハラが主人公の『風と共に去りぬ』を裏から描いた作品ともいえるかもしれません。
 1939年の映画ではクラーグ・ケーブルがレット・バトラーを演じました。レットは風来坊の気質があり、大胆不敵で豪快で、それでいてどこかゆとりのある大人という感じがします。今でいえばちょいわる親父の系譜に連なるかもしれません。余裕のある中年のおじさまというのは恐らくどの時代でも魅力的な存在なのだろうと思います。クラーグ・ケーブルの演じたレットはとても恰好よかった。ただ、これを女性しかいない宝塚が演じるとなると少し難しくなります。年齢的にも円熟してきた人間を演じるわけですから、宝塚にいる若い女性にとっては想像で補うしかありません。体格の良さや筋肉によって醸し出される余裕というものもあります。女性にとってはこれもなかなか難しい。
 しかし、それにもかかわらず舞台で見たレット・バトラーは恰好良かったです。宝塚というのは一般的に、どうも女性がはまるらしいようです。一人でとても淋しい思いをしながら大劇場に居たのですが、周りはおばさまかそれより若い女性ばかり。男性の客というのは、大抵奥さんにつれてこられたような人ばかり。男一人客というのはあまりいない様に思われました。私は男ですが、それでも恰好いいなと思いました。
 そこにはやはり理想化された男像が描かれていたのだと思います。女性が望む理想の男性像。私も見ていてとてもこんな風にはなれないなと思いながら、恰好いいなと感じました。レットは男性が演じると結構荒々しい感じになりますが、宝塚が演じるとどこか洗練された男性像になります。

―終わりに―
 今回は何もかもが初めての経験で、驚きの連続でした。宝塚大劇場というのは、様々な施設が連結した複合施設だというのも初めて知りました。ガーデンもあれば、ホテルもある。カフェテリアやレストランも入っている。
なかでも驚いたのは途中の休憩で、大劇場のなかでお昼ご飯を食べ始めるお客たちです。通常こうした大劇場のなかでは飲食は禁止されています。ところが、宝塚は歴史ある劇場。そこを支配しているのは最近入ってきた西洋のルールではないのです。どちらかというと、相撲や寄席に行っている感覚に近いのでしょう。大劇場のなかで普通に食事をとるのです。
 宝塚というと、華やかなレビュー、ベルサイユのバラといったように西洋的なものがイメージされますが、しかしもとはと言えば西洋のレビューを真似したとはいえ、やはり日本的な文化のなかで養われたものなのです。全てを西洋流にやるのではなくて、西洋流のやり方を取り入れながらこの百年間独自に発達してきたからこそ、ひとつの文化と呼べるほどのものになったのだと私は思います。宝塚はどこか歌舞伎的でもありますし、それだけでもただの西洋のモノマネとは言えないでしょう。本当に不思議な世界で、ドハマリしてしまう人が出てくるのも理解できます。私もあの世界のとりこになりそうです。来年は宝塚結成百年の記念すべき年となります。そのためにチケットはただでさえ取りにくいのに、さらに取れなくなると思うと憂鬱ですが、盛り上げていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前テレビで宝塚の俳優が、妙な話ですが立ちションについて言及していました
なんでも立ちションのかっこよさというのがあるのだそうで、もちろんそのへんのおっさん(たとえば津島)がただ立ちションをしていたって気持ち悪いだけですが、宝塚女優は女性客にグッとくる「かっこいい男のかっこいい立ちション」を女だからこそ理解できて、だから女だからこそ「かっこいい立ちション」の演技がどんなかっこいい男よりも上手く出来るのだそうです
なるほど納得でした

相互リンクのお願い

突然のご連絡、失礼いたします。

「求職者支援訓練」というサイトを運営している楠村と申します。

今回、こちらのサイトを拝見させて頂き、
ぜひ相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。

先に以下サイトの右サイドバーに勝手ながらリンクを貼らせていただきました。
http://xn--p1u50at75cv8k.com/link/

また、メインカラムの方で、RSSも掲載させて頂いております。

ご検討の程、宜しくお願いいたします。

楠村

--------------------------------
楠村
infoo@xn--p1u50at75cv8k.com

求職者支援訓練
http://xn--p1u50at75cv8k.com/
--------------------------------
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。