10万アクセス突破記念 感謝とこれからの目標

10-wins.jpg


 御蔭様で2013年8月11日をもちまして、総アクセス数が10万を突破しました。まことにありがとうごじます。まあ、このカウンターちょっと不正確なところがありますので、本当はもうすでに10万アクセスを越えているのでしょうけれども、ここで一応ひとつの節目として感謝の意を表したいと思います。10万アクセスっていうのは私はあまりインターネットに詳しくないのでわからないのですが、でも相当すごいことなのではないかと感じています。どこかの売れないアイドルよりは認知度が高いのではないですかね。
 このブログはちょうど初めて二年になろうというところです。このブログは大学一年生のとき、ノイローゼに陥りかけていて、どうにかしないとまずいなと思い、小説などを沢山読んでいたのでじゃあ、その感想文でも載せてみるかという思いつきで始まりました。よろしければ過去の記事をちらとみてみてください。今現在もそうですが、今よりもなお稚拙な文章、子供が書いたみたいです。
 それで、せっかくブログをやるのだから、自分が読んだ作品、触れた作品の備忘録とどうじに、文章も鍛えられたらいいなと思い、継続してきました。二年生時には最も充実していたと思っています。ほぼ毎日、平均で3000字から4000字を書く。ただひたすら書く、この行為がかなり文章作成力の向上につながったと感じています。私は、高校時代までは一年に本を五冊も読めばいい方で、読書感想文は苦手中の苦手。夏休み最後の日になって、課題図書が読めていないと泣き喚くしまつでしたが、それがどうでしょう。漱石の小説と出会って、こんなに面白いものはないと驚愕してからは、毎年百冊を超える読書量。そうして、ブログをはじめてからは毎日何千時も書きつづける修行。これらによって、大分文章力も、論理力も、知識も増えて来たと思います。我ながらよくもまあ、こんなに続いたものだとびっくりしていますが、やはり継続は力なんですね。二年前は、一時間ふんばっても、1000字くらいを書くのが限界でしたが、今では、書きたいことがわかっていれば一時間で4000字くらいは楽にいけます。
 これまでに書いてきた文章は100万字を越えます。やっぱりそれくらい書くと大分かわってみることです。なんだか簡単に作家になろうとか、記者になろうとか言う方が所属している学科がら私の周りには多いのですが、まあ、とにかく書いてごらんよ、そんなに簡単なことではないよと言いたくなります。
 ですが、もちろんただ書いているだけではつまらない。やはり自分が書いたものを見てもらいたい、何かコメントしてもらいたいという気持ちがありました。それでブログを始めたのですが、やはり最初のほうは全然来てくれる方が少なくてこちらもやる気が起きない。時にはなんだかこうやって馬鹿に書き続けている自分が愚かしくなってきてしまうということもありました。ですが、徐々に徐々にいらしてくださる方が増えてきて、拍手やコメントを残してくださるようになった。やはりいくら修行のためといえど、人間のこころは弱いですからそれを支えてくれるものがないといけません。みなさんのおかげでずっと書き続けることができました。感謝申し上げます。

 最近は小説の勉強だけに限らず、ソシュール系の記号学や、そこから発展した構造主義などの理論的な勉強もしはじめました。哲学も少しかじっています。目標としては、文学畑から出発して様々な評論をしていきたいので、ルネ・ジラールやロラン・バルトのような評論家になりたいと邁進しています。
 常にラディカルな思考と洞察力をもって、批評し続ける精神が大切だと思っています。最近、私はどうしてこの世界に、この時代に生まれて来たのかななんてことをよく考えるのですが、やはりそこには意味があるだろう、意味を持たせたいと思うのが人間です。私は自分にはきっと自分にしかできない使命があるだろうと思うようになり、それがひとつには批評をつづけることなのかなと思い始めています。ですから、私ははっきり言えばみんなの邪魔ものです。君たちが信じているもの、いいと思っているものは、本当にいいの?良いものだって言いきれるの?どうして?こんなみかたも出来ない?と議論をふっかけてくるのですから、まあ嫌なやつですね。面倒な奴だ。だけれども、やはり時代は、平等主義、個人主義の時代が到来しています。
 今の日本は本当に生きるのに辛い、息苦しい国になってしまいました。これは、平等主義、個人主義が展開してきたのにもかかわらず、展開しきれてない部分、かなり中途半端な部分があるからだと思います。なおかつ最近では、かなり日本は右翼化してきています。教員を目指す関係上、教育基本法なども勉強しているのですが、2007年に改定された条文を過去のものと比較して見ていると、個人の権利よりも、国家の権利が優先されるような雰囲気がそこには潜んでいます。私はやはりそういうものは違う、過去へ逆行しているようにしか思えません。
 私にしてみれば、一体いつまでお子様のようなことをやっているのだと本当にため息がでてしまいます。全世界中のことです。自分のことばっかりしか念頭にない。私は断固「核」には反対です。あれはオーバーテクノロジー、人間の扱ってよいものではありません。いつまでも、そのような危険なものを核の抑止力だとかなんとか言って保持している。原発も廃止。どうしてあのような危険で、実際に事故を起こしてしまったものをまだ使用しつづけようとするのか、その精神というか、感覚が私には全く理解できません。便利?便利ですか?この世界が?いいえ、まったく。電気が足りなくなるということが言いたいのでしょうか。なくなったならその方がいいじゃないですか。生活の質を落としますよ。もう無駄なことばっかりで、本当に嫌気がさしてしまう。私はこの文明と呼ぶにふさわしくない文明に対していつまでも批判の眼を向けますし、シニカルに評論していきます。
 これから多様性が尊ばれる時代です。そのなかで、武器を誇示しにらめ合っているというのは、もう幼稚園生以下のやること。実際は簡単なのです。全世界のみんなが一斉に武器を手放せばいい。いつまでも武器で相手を脅したり、攻撃したりという前時代的なものからは脱却しなければならない。いつまで戦争やっているの?人間はもっと高みを目指すことができます。
 最近ではSNS関係が発達してきて、日本の若者の大切な時間を無作為に搾取している。本を読み、人間と対話し、考える時間はすべて、平易で内容のない一面的な情報の海に飲み込まれてしまいます。メールはもはや時代遅れかもしれません、ライン、ツイッター、フェイスブック、オンラインゲーム、その他もろもろ、若い人間の大切な時間を無価値なものへと変換させる最悪のツールです。便利?本当に便利になりましたか?私にはそうは見えないのだけれどなあ。私はPCは使用します。しかし、携帯は使用しない。家にいるときには、PCを使用します。しかし、外に出たらそうしたタブレット端末は必要最低限しか使用しない。電車にのっているときは本を読む。私の携帯はインターネットにつなげないような契約をしていますから、外ではツイッターもなにもまったく見れない。別に困ったことなどありませんよ。友人と集合がうまくできなければ電話は使用できますしね。
 私は、自分と同じ年代の、同世代の人間たちが、文明と言えない文明の利器によって時間を搾取されているのが無念でたまりません。その時間、本を読んだらどれだけ考えが変わることか。あるいは観方がかわることか。友人たちは口をそろえて言います。便利だと。本当ですか?私には掌の上にあるどうしようもない機会に縛られて、時間を搾取されているだけにしか見えないのですが。そこからは小さな快感がえられるのでしょう。友人たちとつながっているという快感。私も、たしかにブログを書いて賛同されればうれしい。そのために書いているということも時にはあります。しかし、いつまでもそればかりが目的ではいけないと思うのです。

 私にはこれから二つ、やりたいことがあります。一つは今述べたように批評、評論をさらに発展、展開させていくこと。それからもう一つは小説を描くということです。これからは、この二年間の修行によって培った能力を活かして、さらなる邁進を図りたいと思います。そのためブログのほうは以前よりは少し更新が滞ることになるかもしれません。ですが、もちろんこれからも作品の感想や分析といったものも挙げて行きますから、今後ともどうぞよろしくお願いします。皆様の御蔭でここまで続けられてきました。重ねて感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

こんばんは。

10万hit おめでとうございます!

これからも 楽しみにしています。

No title

10万ヒット おめでとうございます。

小説を書くご予定なのですね。
どんな作品になるのか楽しみです。

Re: おめでとうございます!

kenjiさん、ありがとうございます。
まだまだ未熟ですが、これから邁進していきますので、どうぞ応援よろしくお願いします。

Re: No title

しのぶもじずりさん、コメントありがとうございます。
これからは小説のほうにより力を入れて行こうということで、いくつか書いているのですが、まだものになっていません。まだどうなるかわかりませんが、がんまります。

Re: はじめまして

どうも、ちぃさん、コメントありがとうございます。
ええ、私がいいなと思ったブログには、できるだけ訪問していますよ。間違っていません(笑)
まあ、私は男ですから、あまり内容のほうはよくわかりませんが、しかし、ちぃさんの文章を読んでいて、そうかこういう表現もあるかと勉強になります。タイプが違うということはいいことです。

記事の書き方が悪かったのですが、これからは小説のほうにより力を入れて行こうと思っています。過去に2、3描きましたが、どうにもまだ形になっていません。ですので、まあこれから描くといっても同じことですけれどもね。
応援ありがとうございます。一緒にがんばっていきましょう。

そうですね、応募しようと思っているのでブログのほうには載せないかもしれません。ブログにように書くだけの余裕がでてきたら、いずれブログにも載せたいなと思っております。

No title

石野さんは類稀の正義漢であると思います。
僕もなんとか頑張ります。
いつか一緒に古本屋にでも行きましょう。

Re: No title

津島さん、ありがとうございます。新聞への記事が滞って済みません。後でいくつか誂えてお贈りさせていただきます。
私のような人間に正義を振りかざされては困る人もいるでしょうが、人はそれぞれの正義に生きていくしかないですよね。
古本屋、いいですね。きちんとお会いしてお話したいものです。

No title

はじめまして。10万アクセスおめでとうございます。
いつも心して読ませてもらってます。これからも楽しみにしてます。

No title

いいお話ですね。100拍手踏ませていただきました。
まさに継続は力なりです。
これからも書き続けてください。応援しています。

おめでとうございます

はじめまして。

10万アクセスおめでとうございます。その真摯な内容にいつも気を引き締めながら拝読しています。これからも刺激的なブログで中年男性の硬直した思考を揺さぶって下さい。

No title

ご無沙汰してます。
夏休みも終わり、やっと自由にパソコンが開ける時間が取れました。
10万アクセス、おめでとうございます!!
これからも、いろんな小説の記事を楽しみにしています。

本を読むのは良いことですよね。
小説ではありませんが、2週間ごとに娘と図書館へ行って本を借りるようにしてます。
エッセイだったり、雑学だったり神話だったり、小説ではありませんが、本を読むのは楽しいです。
娘も、絵本ではありますが、ひと月に30冊近く借りて読みます。
本を通して、頭の中でいろんな冒険をしていって欲しいなと常々思いますよ。
やっぱり、本っていいですね。
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア