スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野不由美『月の影 影の海』 感想とレビュー 文学史上最も困難な冒険をした女性主人公

20120605_2.jpg

-はじめに-
以前、小野不由美の『魔性の子』を取り上げました。前回取り上げた『魔性の子』は、十二国記シリーズの外伝的な作品です。今回取り上げる『月の影 影の海』は十二国記シリーズの一巻目となる作品です。この作品は、直接『魔性の子』とはかかわってこないのですが、後の十二国記シリーズ、すなわちこの作品の後の作品では、『魔性の子』に登場した人物が登場し、その連関性がわかります。
この作品は1992年初出。『魔性の子』の翌年に書かれた作品です。その後の十二国記シリーズは、連続して、ほぼ一年のペースで描かれます。2013年6月現在、新潮社から完全版として出ている十二国記シリーズは、4部目の『風の万里 黎明の空』までです。


-あらすじ-
 10年ほど前にアニメ化されたのをうろ覚えでこの作品を読み始めました。ページをめくると突然現れる十二国図なるものと、その一部の拡大であろう巧国北方図なるものが読者を物語世界へといざないます。
 前作『魔性の子』が、作者の造語である「故国喪失者」というものテーマにした作品でした。『魔性の子』では、それぞれ自分の戻るべき場所があるはずなのだけれども、それが一体何だったのかよくわからないし、戻れないという葛藤のなかで、どのようにして今生きている世界と向き合うのか、どのように生きるべきなのかという葛藤にありました。今回の作品でも、ある側面からみれば、この「故国喪失者」というテーマが浮かび上がってくると思います。
 三人称登場人物の視点で描かれる作品です。主人公陽子は、不思議な、しかも怖い夢を見ます。一か月の間おなじ夢を見続け、その夢に登場する異形の獣が徐々に徐々に近づいてくるという恐ろしい夢です。これは、ミステリーホラー小説を書いている作者の力量とも考えられます。
 主人公の陽子はどのような人物造形なのでしょうか。陽子は染めていないのにもかかわらず、赤毛の持ち主です。それを学校では厳しく叱り、親は染めるように促しています。生まれつきなのにもかかわらず、学校側はそれをいぶかしく思い、真面目で実直な陽子にとっては、染めることが禁止であるという規則の方が重く思われて、黒くそめるのも抵抗があり、板挟みにあっています。教室でも、今でいういじめが起こっていますが、どちらの側にも立てない彼女は、その中間で板挟みにあっています。彼女自身としては、いじめるのはいけないとわかっていながらも、それをだめだとは言えない。しかし、友人たちとも仲良くしていたいというなかで、自分では決していじめないながらも、いじめているグループに属しているという宙ぶらりんな立場にいるのです。そんな彼女を不思議な現象が襲います。突然学校の中に長い金髪をした男が現れます。その男が現れると同時に、窓が割れたり、不自然な攻撃が陽子を襲います。男は陽子を護と言いながら、剣を抜き、戦えと言います。一介の高校生であった陽子にはそんなことできるわけもなく、逃げ惑うなか、最終的には金髪の男の手下である妖魔の力を身体に憑依させることによって剣で戦い、襲ってくる魔物を倒します。しかし、依然として襲ってくる魔物の大群。とても勝てるはずもなく、陽子は妖魔と一緒に逃げます。あちらに行けば助かるという意味のわからない言葉を信じ、陽子は別の世界へと旅立つのです。

-ジャンルの壁を越えて-
 この作品は、今でいえばライトノベルのジャンルに分けられるかもしれません。日本人はとにかくラベリングが好きな種族ですから、なんでも分類したくなります。しかし、この作品が発表されたのは、ライトノベルという言葉が広まる以前でしたし、またライトノベル特有の軽さ、軽妙さというようなものはありません。一応本屋さんでは、普通の文学作品の「お」の部分と、ライトノベルの両方に置いています。
 ライトノベルには文体の軽妙さというものが特徴として考えられるでしょう。この作品でも文体が重要になってくると私は思います。小野不由美の作品は、この物語がどことなく中国や朝鮮、日本など東洋的な文化の上になりたっているという感覚があります。そうして、その雰囲気を支えているのが、漢詩に裏付けられた漢文調の文体なのです。
 また大まかなストーリー、異世界へ行って冒険をするという枠組みだけを考えれば、ライトノベルというジャンルに集約することが出来るかもしれませんが、しかし、主人公陽子の苦悩や葛藤というものは、通常の作品でさえ見苦しいほどに極めて困難な状態の連続が続きます。十二国記という異世界では、彼らにとっての異世界、つまり中国や日本からきた人間は災厄を呼ぶとして、役人に連れていかれ酷い場合には処刑されてしまいます。陽子は、何度も異世界の住人たちの手にかかりながら命の危機を乗り越えるのです。中には、とても親切にしてくれたのにそれは、女郎屋に売ってお金にしようとしていたためという者もあり、同じく日本から何十年も前にこの世界に紛れ込んだ境遇の者も、結局は荷物を奪っていってしまったりと、人間の悪、ずるい部分の連続が炙り出されます。フィクションだから描くことができたということもあるでしょう。また1990年代にこの作品が描かれたということは、バブル経済からの物質主義、拝金主義の裏で人間の性質がどのようであったのか、そうした社会学的な面から作品を考察することもできると思います。
 物語は、そうした人間への不信を乗り越えて、この世界の救世主たる人物へと成長するという、ごくごくありふれたビルドゥングスロマーンの物語形態に集約されます。いわゆる教養小説であり、少女は一人の人間として成長する物語でもあるのです。しかし、通常の作品が異界でさまざまなできごとを通じて成長したのちに自分のいるべき世界に戻るのに対して、この作品では異世界が陽子の戻るべき場所であったということになり、今まで住んでいた日本には帰れないということになります。いずれは帰れるんだろうと予想して読んでいくと、本当に帰れないのです。これはある意味読者の期待を裏切るということになります。
 異界訪問譚として読み解くこともできますが、訪問した先の異界が実は、本来いるべき世界であったという不思議なパターンの小説です。異界訪問譚としては、陽子が麒麟に選ばれた人間であったりと、運命や宿命といったものを背負わされた存在として登場していることからも理解できるでしょう。

-終わりに-
 人間不信を乗り越えるのに、やはり相手が人間では難しいという点から、楽俊という巨大なネズミのような半獣との交流から描かれています。人間の姿にもなれるのですが、半獣というのは異界の世界においても差別の対象となる存在で、楽俊は生まれたときからずっと虐げられてきた人物だったのです。ですから、この世界のつまはじきをくらった陽子に対してもこの上なく寛大な心と、同情心を以て接しています。
 作者が女性だからという無理なことを述べてはいけないかもしれませんが、このような冒険物語で女性が主人公となるのはあまり多くはありません。不思議の国のアリスのような作品であればまだ理解ができるものの、この作品では、身体がぼろぼろになり、生死の境目を行ったり来たりするような極めて激しい冒険がなされます。このようなハードな冒険をした女性主人公が今までいたでしょうか。そうした点でも、この作品の異質性というか、独創的な部分が浮かび上がってくると思います。
 以前書いた、『魔性の子』とともに読むことをおすすめします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。いつも興味深く読ませてもらっています。
私は今までファンタジーほとんど読まなかったのですが、小野さんの『魔性の子』を読んでから、小野さんの作品に惚れ込みました。
十二国記は『魔性の子』、『風の海 迷宮の岸』 に続く、泰麒の物語を中心に読んでいるので、本作はまだ未読です。
小野さんの作品は、ライトノベルと言ってしまうには惜しい(語弊があるかな?)ほどのリアリティと、感情表現の深みがありますよね。そして、表現の美しさ、世界観の確かさ。
複雑な世界観を説明する、その説明書きすらも、すっと心に入ってきて、読んでて心地いいです。

ライトノベルの定義はよくわからないのですが、小野さんの作品は、文学寄りと思っていいような気がします。
(文学という定義も、よくわかっていないのですが)

私も少しばかり趣味で小説を書いているのですが、小野作品の何がこんなに読者を惹きつけるのか、探りながら、味わいながら、この先もすこしづつ読んで行きたいと思っています。

いきなり長文で失礼しました。
失礼ついでに、リンクを頂いてもいいでしょうか。
また、おじゃまします。

Re: No title

limeさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
私も小説を書いていまして、同じ志を持つ人がどのような活動をしているのか、ちょくちょくお伺いさえていただいていました。
ジャンル分けというのは、いわば読者が勝手につけただけなので、あまり重要とは思いませんが、小野不由美の作品はそれ自体が一つのジャンルとして独立しているような気が私はします。
小野先生からは学ぶべきことが多いと思います。是非ほかの作品も読んでみて下さい。
リンクについてですが、喜んでお願いします。私のほうもリンクさせていただきますね。
今後もよろしくお願いします。
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。