スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』試論 感想とレビュー 荒木作品のヒーロー像の変化

9cf6404e.jpg

-初めに-
 荒木飛呂彦のマンガ、『ジョジョの奇妙な物語』は2012年10月5日から2013年4月5日まで、part1の『ファントムブラッド』とpart2の『戦闘潮流』がテレビアニメ化され、それ以前からマンガファンの間では人気があったものの、ここ一二年で急激に認知度が高まりました。part1とpart2はかつて論じたので、今回は多少ブランクができてしまったものの、part3を論じます。
私がpart1とpart2を論じたのは、アニメ化される前だったので、非常に独特の表現をするこの漫画がどのようにアニメ化されるのか大変興味がありました。時間の都合上、アニメ作品を全部見ることはまだできていないのですが、かいつまんでみたところではまずまずよかったと思います。マンガファンの人たちの反応も落ち着いていますから、ファンの解釈と、アニメ制作者たちの解釈がほぼ同じものとなったのだと思われます。

-表現方法について-
マンガを読み解く際、技術的な側面を指摘する場合は一般的に「マンガの文法」とメディアを論じている人々は表現します。例えば、何かある物体が早い速度で移動しているのを表現しようとして、そのもののあとに線をいっぱい書き込む。これを「スピード線」と言ったりします。漫画は、これだけ日本のサブカルチャーとして世界に誇れるものだと認識されているにも関わらず、いまだアニメを含めこちらの分野の研究は発展途上です。これからは、研究に耐えるものなのだということを、多くの研究者が証明していかなければならないと私は思いますが、アニメやマンガの研究者というものは、学部がありませんからありません。こちらの方面もカバーできるとして、一部の文学系の研究者やメディア研究者が論じられる程度です。
さて、『ジョジョの奇妙な冒険(以下略「ジョジョ」)』は、漫画文法からかなり逸脱した部分があります。大抵こうした技術的に漫画の文法から大きくそれた作品というのは、一発屋で終わってしまうことがあるのですが、漫画家荒木飛呂彦の作品がこれだけ長い期間多くのファンを魅了してきたのには、下敷きとなっているモチーフや思想など、骨組みがしっかりしているのです。作品全体のテーマとしては「人間讃歌」が下敷きとなっています。
マンガ「ジョジョ」を読んでいて特に気になるのは、まずコマの振り方です。漫画は一枚の紙面にコマと呼ばれる箱型の枠組みによって、時間や視点のことなる絵をいくつか右上から左下へと読むという約束のもとに配置されています。しかし、この作品では、時にその約束を破壊して、縦一直線で絵の天が右、地が左という、90度回転された絵が登場します。今までの漫画でもこうした技法は多少はあったようですが、画面いっぱいを使って90度回転さえた絵を多く用いたのはこの作品が初めてのようです。各章のはじまりに多いこの90度回転された絵は、一見すると見づらいかもしれませんが、この作品は「冒険」がテーマですので、横に広く描かれた風景というのは、未知の領域に旅する際の、不安やときめきを読者に与えます。
また、何といってもこの作品を他の漫画とは差異化し「ジョジョ」たらしめているのは、漫画中の明暗・コントラストの強さです。トーンやベタを繰り返して、異様なまでの陰影をつけることで、立体感が芸術的と言っていいほど現れています。一枚一枚の絵がデッサンのごとく、立体感があり、それが戦う戦士たちの肉体美を際立たせているのです。精神にしろ、肉体にしろ「強さ」を表現するこの表現方法があったからこそ、この漫画が他の作品とは異なっているのです。

-三部の設定-
三部は1991年から1992年にジャンプに連載されました。三部となるこの作品では、副題が「スターダストクルセイダース」となっています。この副題は、後に着けられたもので、週刊少年ジャンプ連載当時の副題は「第三部 空条承太郎 ―未来への遺産―」となっていました。
三部では、今までの一部、二部とは異なり、主人公たちの操る能力が、波紋から、「幽波紋(スタンド)」というものに変化します。二部で青年だったジョセフ・ジョースターが、老人として主要人物として旅に同行するなど、時間軸は一つのものの上にあります。また、最大の敵となるDioは、一部でジョナサンの肉体を奪って100年間海底で眠り続けていたディオです。棺桶のような箱に入ったかたちでDioは発見されますが、この部分は、エリナとその子が入って救われたはずでしたので、船に二つの桶があったという描写がなかったことから、作品内の小さな矛盾であると思われます。ジョジョは同じく、ジャンプで人気の漫画ワンピースとはことなり、作品内で矛盾があることが多い作品ですが、それを作者は誤りだと認め、様々な部分で謝ってきました。それが別段作品を読む読者にとっての非難の的となっていないことは、作品の読者が若くこまごまとした部分にうるさい世代ではないということが多いのかもしれません。

100年の時を経て復活したDio。その肉体がジョスター家のものであったことから、Dioから発せられる何らかの影響があって、ジョセフ、ホリィ、空条承太郎の身体にも異変が生じます。「スタンド」といわれる能力は、一部、二部が肉体の強さをテーマとしたのとはことなり、精神面の影響を受けるものであるということが作品内部からわかります。スタンドは「その人を守ってくれる、守護霊のようなものである」と定義づけされ、スタンドが傷つくと、スタンドの使用者である本人もスタンドに対応する箇所が傷つきます。また、このスタンドの強さは、精神の強さと比例しており、さまざまな能力や性質が異なるものの、一般に、できるという意志の強さが影響していると思われます。
突如としてスタンドの能力が現れた三人ですが、他の登場人物たちは、Dioが復活する以前から、一人でにスタンドの能力を身に着けていたことが判明します。ですから、自然発生的な超能力であることがここからわかります。ジョースター家でなくとも、スタンドは使えるのです。ただ、波紋法のように、修行をすれば誰でも得られるということではなく、スタンドは運命によって、能力が与えられるということに大きな違いがあります。
この作品のテーマは、精神的な強さとともに、「運命」でもあると私は思います。登場する敵は、タロットカードをモチーフとした能力の持ち主たちですが、そのタロットカード自体もまた運命を占うものです。Dioの復活ということは、主人公である承太郎とジョセフにとってもまた、仕組まれた運命、先祖代々受け継がれてきたある運命の物語なのです。
現在映画化されて話題となっている『シュタインズゲート』ですが、これもまた運命という大きな流れのようなものに対してどのように立ち向かっていくのかということがテーマとなっていると私は思っています。『ジュタインズゲート』では、その運命を変えるために、時を操るタイムトラベルを使用しますが、「ジョジョ」では、運命に対して「スタンド」をもって、立ち向かっているのではないかと思います。
ここでは、「運命」を乗り越えたということが、最初から仕組まれていた運命だというよな、複雑な運命論はしません。ごくごく単純な、回避不可能と思われるような主人公たちにとって不利な運命と思われるものに対して、どのように立ち向かっていくのかということのみで考えたいと思います。

-ヒーロー像の変化-
一部、二部が、「あるべきヒーローの姿」や「強さ」を表現するために、多少うるさいと感じられるほどのナレーターがしばしばに登場し、不自然なリズムを作り上げていましたが、この作品でも不明なのは、主人公承太郎の精神の強さが描かれていないということです。ジョセフもまた、前作からの連続性があるのにもかかわらず、ほとんど波紋を使うということはしません。
一部、二部、また作家レベルで考えると『バオー来訪者』も含め、今までの作品の多くが、敵がやってくるという構図だったのに対して、この作品はこちらから出向いていくという構図に大きく流れがかわったということが指摘できます。今まではそれほど数の多くない強敵との死闘を繰り広げるという作風だったのが、今作では、それほど強くない敵が道中待ち受けるものの、少年漫画の王道のようなスタイルを取った作品に変化しています。運命を占うカードであるタロットや、エジプトの神々の名を冠された敵を順番に倒していく、途中で、敵だった人物が仲間になったりと、敵と戦い、強くなり、また敵と戦うという構図が明確に浮かびあがってきます。ただ、この作品が単なる王道作品とはことなるのが、先ほども述べたように、主人公承太郎の成長が描かれないという点です。
花京院やポルナレフが戦いの途中で、次第に強くなっていくという成長は多少見られますが、承太郎は最後のDio戦の時に、突然時間を操る能力をわずか短時間で身に着けるというめざましい成長のほかには、これといった描写はありません。そうしてまた、承太郎は今までのジョースター家の主人公が多弁で明るい性格付けがされていたのとは反対に、無口で暗いタイプです。ジョースター家の性格は、同行するジョセフが一人で負い、また敵の能力や作品の設定を説明するのは、占い師であるアヴドゥルが役割分担されています。この点からみても、承太郎が今までの荒木作品とも、また王道作品ともことなったヒーローとしてかなり異質な存在であるということがわかると思います。

 作品をより抽象的な観点から考えれば、無口で特にこれといった修行もせず、最初から最強にちかい強さが与えられている主人公というのは、今までの蓄積であると考えることができると思います。敵が襲ってくるという構図から、敵を倒しに行くという構図に変化したのもまた、今までの長い戦いのなかで、主人公側が蓄積したものがあったからでしょう。強さを蓄積した主人公側は、突然敵に襲撃されるということではなく、むしろ敵を襲撃しに行くようにと変化したのです。その冒険の間では、それぞれ個性的な、総勢30名近い敵が彼らを待ち受けています。これがこの作品の長い冒険を彩って、作品を魅力的なものへとしています。ただ、なぜか敵は一丸となって襲うということはせず、グループである承太郎たちに単体で攻撃を仕掛けてきます。これは、おきまりのパターンです。
 最後にDioを倒すことによって、見事運命に打ち勝った彼らのその先に、どのような冒険が待ち受けているのか、蓄積をしたヒーローが次にどのような敵を倒しに行くのか、ジョジョの冒険はまだ始まったばかりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。