スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『コクリコ坂から』 感想とレビュー 昭和の人情を感じる



皆さんこの夏の映画といったらなにを思い出しますか?私は無論コクリコ坂からですね。私ジブリの作品が大好きでその知識の量といったらそうかんたんに他人に負けませんよ。特に天空の城ラピュタは私のお気に入りで、ラピュタを作ってしまったくらいです。この作品については今度また書きますね。
最近のジブリが面白くないとかつまらないとか言われているようですが、今回のコクリコ坂はかなりよかったと思いますよ。今回の原作は1980年に漫画『なかよし』に掲載された同名作品。1963年の横浜を舞台にした高校生の青春物語で、監督は『ゲド戦記』以来5年ぶりとなる宮崎吾朗さん。
なんか壮大な親子喧嘩のドキュメンタリーも組まれたりしていたし、吾朗監督の初作品『ゲド戦記』はかなり低評価でしたがそんなにひどかったでしょうか。変な感情をいれずに素直に見ればゲド戦記も十分楽しめると思うのですが、偏屈文化人である私が皆さんに素直になれというのも変な話ですがね。
さてコクリコ坂、確かに見る年代によってこれは評価が非常に大きく分かれると思います。その部分は仕方ない。これが若者受けするわけはないです。ただし、今還暦に近い方や、戦争を経験してこられた方にとってはとても面白いというより感動、共感できる作品なのではないかなと感じます。わたしも昭和が好きな人間ですからこの作品大いに気に入りましたよ。
この時代コミュニケーションツールなんて何もないんですよね。自分の意思は口なり手紙なりできちんと伝えなければいけない。それなのに何故か今よりも意思の疎通ができて人情味溢れるんですよね。
企画者の宮崎駿さんは制作に際して、「異性への憧れと尊敬を失ってはならない」とコメントしたそうです。
確かに今の恋愛とか異性との関係とか、その前にまず人間同士の関係がおかしくなっていますよね。もちろん吾朗監督がそんなことを意識して作っていないとしても、私はこの映画から現在の人と人とのあり方への問題を提起しているような気もします。
そんな世の中だからこそ純粋な恋、ロマンスを映画で楽しむのも良いのではないでしょうか。
しかし、私もこんな素敵な恋ができたらいいのにな。

そうそう、主題歌にもなっている「さよならの夏」これもいい曲ですよね。もともとは森山良子さんが歌ってたのですが、今回はゲドに引き続き手嶌葵さん。この方の歌い方ってとても特徴的ですよね。静かななかに暖かさがあるような感じがします。手嶌さんって実は身長170以上あるの知ってました?バレーも好きだった見たい。実はスポーツウーマンだったんですね。驚き。

コメントの投稿

非公開コメント

手蔦さん

私もさよならの夏、好きです。手蔦さんの声にピッタリですね。映画も去年、劇場に観にいきました。手蔦さんがそんなに背の高い人だと初めて知りました、大きいんですね。

Re: 手蔦さん

映画よかったですね。(賛否両論あることも含めて)
手蔦さんはとても魅力のある方だと思います。ゲド戦記からジブリ映画に起用されましたが、あの世界観をもっているのは彼女くらいしかいないのではないですかね。
80年代90年代に活躍した新居昭乃さんというアーティストの世界観に似ていると感じます。あの静寂のなかに優しくて包容力のある歌はいつきいても癒されるものです。
彼女の「虹」という歌も聴いてみてください。
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。