スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化勲章受賞作家の競演 感想とレビュー 巨匠たちの作品とは

先達て、ホテルオークラで開催された「文化勲章受賞作家の競演」というものを見てきました。私かつては美術の道も目指そうと思ったこともあり、それなりに芸術に対して明るいのですが、いや日本画の巨匠たちの作品をこうも満喫できるとは圧巻でした。出展作家は以下のとおり。

[日本画]
竹内栖鳳、横山大観、川合玉堂、安田靫彦、上村松園、小林古径、鏑木清方、前田青邨、
西山翠嶂、松林桂月、川端龍子、堂本印象、福田平八郎、奥村土牛、中村岳陵、山口蓬春、
徳岡神泉、堅山南風、東山魁夷、杉山寧、橋本明治、小野竹喬、山本丘人、小倉遊亀、
山口華楊、髙山辰雄、上村松篁、奥田元宋、池田遙邨、片岡球子、佐藤太清、岩橋英遠、
平山郁夫、秋野不矩、守屋多々志、加山又造、福王寺法林、大山忠作

[洋画]
岡田三郎助、藤島武二、和田英作、梅原龍三郎、安井曾太郎、坂本繁二郎、小絲源太郎、
林武、岡鹿之助、小山敬三、田崎廣助、中川一政、小磯良平、牛島憲之、荻須高徳、
吉井淳二、福沢一郎、森田茂、伊藤清永

[版画]
棟方志功


あまり美術をしらない人でも一度は聞いたことがあるような名巨匠がたくさんいますね。
横山大観の「夜桜」という作品にはただただ息を呑むだけでした。六曲一双で177.5×376.8の大画は爛漫たる日本の春を見事に描かれた作品でした。
上村松園の「鼓の音」は77.0×95.7でこれはまたとんでもない美人画であります。隣にいた中年の夫婦連れが、画に書いたような美人だね、あ、画かと自問自答を繰り返していましたが、松園美人画は極めて洗練されていて、これこそ日本の美だなと感じました。


この展示会は震災へのチャリティーイベントで8月28日には終わってしまったのですが、いま震災で大変だから
こそこういった精神面の昇華が必要なのだと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。