三大テノールについて(2) Nessun Dorma 三人の競演 夢のようだ

三大テノールの巨匠たちが一同にステージに立ったのが、1990年7月7日イタリア・ローマで開催されたW杯前夜のことでした。ここから「三大テノール」という呼称が始まり、今に至るわけです。
パバロッティはイタリアの晴れた朝空のようだと評され、Nessun Dormaは彼の十八番でありました。
今では私もカラオケで歌うのですが、友人からはうるさいといわれますね。
一人で歌うのもすばらしいですが、仲のよい三人が歌うのも素敵です。ご堪能あれ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア