スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ハリーポッターと死の秘宝』 感想とレビュー いよいよ完結 マクゴナガル先生の活躍がすばらしい


※最後の方は気にしないでください

皆さん見ましたかハリーポッター。そろそろ上映も終わってしまいそうですが、映画としてはなかなかの出来栄えだったと思います。
映画を本などの原作を読んでから見る人と、映画を見た後で原作を読む人と2パターンに別れると思うのですが皆さんはどちらですか?
私は読む量も多いので必然、本からはいってしまうのですね。でも、これは一般論ですが、大体小説を映画化した場合って小説を超えられませんよね。ハリーポッターも例外ではないと思うのです。
これだけすばらしいものをJ・Kローリング氏が書いてしまうと、その時点で映像化には無理が生じます。少なくとも読者のイメージを満たすものは決して作ることはできません。製作者もそこをどこまで読者のイメージに近づけるかが、プロの仕事なのでしょうが、賢者の石、秘密の部屋、アズカバンの囚人以降の映画は私個人の見解では駄作だったと思います。
最初の3作品は本でも一冊に納まる量で、内容もそこまで深くは無かった。しかし、炎のゴブレッツト、不死鳥の騎士団、なぞのプリンスは小説では2冊分、しかもハリーも大人になってくる訳ですから心情の変化や取り巻きの関係もより複雑になってくる。それをたかだか2時間ちょっとで表現しようということ自体が不可能だったわけです。
今回の死の秘宝はそんなブーイングを受けまくった為に二本立てとなりましたが、それでも本の内容に至らない部分がまだ多く残されていたなと感じました。特に、映画死の秘宝の前編は本を読んでいない人、あるいは一本の映画として見た場合最低のラインでした。はっきり言ってかなり失望しました。
なので、今回も大丈夫か不安だったのですが、後編はやはり最後の最後となるわけで相当力を入れたのでしょう、映画としても、読者としても楽しめるものにはなっていました。
私、本を読んでいるときからずっとホグワーツの教授方が好きで、特にスネイプ先生とマクゴナガル先生、この二人の対決がずっと楽しみでしょうがなかったのです。小説では螺旋階段で戦うこととなっていましたが、映画では時間の都合上カロー兄弟も一緒にやっつけてしまわなければならなかったので、こういうシーンになったわけですね。
しかしさすがに校長と副校長、レベルの高い戦いぶりです。小説を読んでいる限りではもう少しスネイプ先生も強いと思いますが、ここはひとまず退散ということでなるほど引き際も完璧。
しかし、あのカロー兄弟の様はなんですか?勝手にあぁとか言って倒れていきますよ。
まあ今回の映画にもう少し足してもらいたかったことは他の先生方の活躍と、死の秘宝についての物語ですかね。
教員になった暁にはスネイプ先生やマクゴナガル先生のような強い先生になりたいですね。ん、強さの意味が違う?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。