スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白 湊かえで 感想とレビュー 病理的な小説 人間が抱えている闇とは

k1447973507.jpg


昨年大ヒットしましたね。記事を書くのが遅くなってすみません。何分ブログを開設する前のことでしたので。
これが純粋なミステリー小説だっていうのは違う気がするのですね。確かに得体の知れない、闇の中から出てきた文章、こんな印象は受けました。しかし、それと同時に人間についての話なのではないかなと感じたわけです。
そもそも、私個人の意見ですが、人間ってわかるようでわからない、本当に突き詰めていくと人間ってわけわからない、気持ち悪い生き物だと思うんですよ。だから秩序を一生懸命作り出して、その秩序を壊そうとするものを徹底的に削除してきた。そんななか、この小説は人間の闇の部分、得たいの知れない部分を上手く描けた、だからヒットしたのではないかなっておもいます。
一見何にもなさそうな平和な教室、しかし裏では様々な人間の感情が入り組みに入り組んでおり、それがだんだんと明らかになっていく。娘を殺された女教師がその犯人に対してエイズウイルスを牛乳のビンの中に入れて復讐する場面がありますね。でも、これ現実にやろうと思えば意外と漢単にできそうなんですよね。
そしてエイズに感染した生徒2名を取り巻いて物語りは展開していく。一人はその頭脳の明晰さにより爆弾を作り、今まで自分に対してひどいことをしてきたクラスメイトごと自爆を決意。もう一人は精神崩壊を起こし、その母も精神崩壊を起こし、結局かわいそうになった自分の息子を殺してあげようとした母親が逆に殺されてしまう。
恐怖以外の何者でもない作品ですが、確かに人間の理性が少しでも間違ったり、緩んだりすればこの本に書いてあるようなことは実際にありえると感じられます。
詳細は忘れましたが以前、クラスメイトを殺してよろうと思ったなどと言って爆弾を教室に設置しようといた学生が実際にいましたよね。だから、今の世の中こんなことがって言うことが実際に起こってしまう世の中になってしまったのですね。だからこの小説もヒットする。なんだか身の毛のよだつ話です。
グロテスクな話も含まれますので、そういうものが弱い人にはお勧めできませんが、恐怖ミステリー、残暑も厳しい折ですからどうぞご堪能あれ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。