スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京物語』 名画鑑賞 感想とレビュー 様々なテーマを読み解く



監督、小津安二郎
主演、笠智衆
制作、1953年
私は小津安二郎の名前こそ知っていたものの、今回が初めての作品を観る機会である。
初めてこの映画を観ていて違和感を感じたことが小津監督の有名な手法であるローポジションだ。通常の対話の撮り方とは異なり、話者を真正面から写す。こうするとなんだか自分に語りかけられているような心持になって少し気恥ずかしいが、その分会話が身近に感じられて理解しやすくなると感じた。ただ、こんな撮影の仕方を見たことが今までなかったため驚いた。
この『東京物語』は確かに面白くはない。この面白いというのは例えばわくわくするとかどきどきするといった娯楽的な要素がないからである。なにか事件があったりするわけでもなく、その点ストーリーは皆無といえると感じた。
ストーリー的な要素と言えば笠智衆演じる平山周吉とその妻である東山千栄子の平山とみ夫婦が東京に子供たちの下へ遊びに行って帰ってくるということのみである。あとは全てドキュメンタリー調のような、家族の描写をそのまま写し取ったという感じである。
こういう会話主体でストーリー性がない作品を観ると私は夏目漱石の『吾輩は猫である』を思い出す。これもまた誇張したストーリーはなく、ありのままの現実に皮肉を込めて描いた作品である。この点において共通していると感じるが、『東京物語』には『吾輩は猫である』にあるわらいの要素がないのである。

当時からの問題であった核家族化や親子の問題、高齢化社会、夫婦の問題等を描いていると感じるが、これを全くありのままで表現しているためやはり楽しいとか面白いという映画ではない。
しかしつまらないかといわれればそうではないと答えざるを得ない。2時間ほどの映画だったが、私はどうしても眠くならなかったのである。表立って興味を引くような事柄はなくとも、そこには静かに淡々としたものが描かれていてそこに魅了されるのである。
最も大きなテーマはやはり親子の問題ではないかと感じた。笠智衆(平山周吉)の子供である山村聰(平山幸一)、杉村春子(金子志げ)、香川京子(平山京子)、この三人の構図がとても面白い。
長男である幸一と長女である志げはわざわざ田舎からやってきた両親をはじめのうちこそ歓迎しもてなしていたがすぐに邪魔に感じ始め、次第に対応を冷たくする。どこかへ出かけようとしたときも急患だといって家族のことを省みずに出て行ってしまう長男、美容院の仕事が忙しい忙しいといって全く面倒も見ず、両親を非常に邪魔者扱いする長女、どちらも見ていて腹立たしくなってきるほどの名演技であった。特に長女志げのヒステリックな様子は見ているだけで大変いらだたしい。父がへべれけになって夜中に友人を連れて帰ってきたときにはキーキー喚き散らし「もう、本当にいやになっちゃうな」とこぼす。
子から親への反感は周吉とその子供だけにとどまらない。冒頭で祖父母がやってくるために勉強机を移動させられた幸一の息子は母に向かって怒る。一見するとただの子供のだだのようにも思えるが、こういうことが積み重なっていつかは幸一の周吉に対する態度と同じようになるであろう。

ここまでは子から親への感情を見てみたが、親から子への感情はどうなのかということを明確に表した部分が父周平が東京の飲み屋で二人の友人と共に飲む場面である。これは親から子への期待過多を描いた場面だ。親である三人の老人は口々に子供の悪口を言う。ちっともだめだ、情けない、もっと頑張って欲しい等々である。
これは全くもって現在と同じだと身をもって感じた。というのも私はよく父と祖父と三人で食事に行くことがあるのだが、祖父は父に、父は私に随分と期待するのである。この期待するという行為自体はとてもよいことだと思うし、期待が出来るから期待をしているのであってそれは期待される当人にとっても喜ばしいことである。ただ、それも行き過ぎると期待される側にとって見ればあつかましさや面倒臭さとなって気分を悪くする。
親のこうあってほしいという願いは子供たちにとっては重荷になり、そこから解放されるために子は親を邪魔者扱いし疎ましくおもうのである。要は近すぎるのである。
これが少しはなれた関係になると180度一変する。周吉やとみに対する原節子(平山紀子)である。次男の妻として平山家へ嫁いだわけであるが、その次男昌二は戦争でなくなっている。東山千栄子(平山とみ)が東京での最後の日に彼女の家に泊まる場面が描かれているが、これがとても感動的であると感じた。まるで自分の子供のように可愛がる一方、夫に先立たれてまだ若く美しい紀子に対してどうしても申し訳ないという気持ちがあり、どこへでも嫁いで行ってくれと頼む。
ここには実の親子関係はないが、その分だけ親子という関係の最も美しい姿が現れている。結局東山千栄子(平山とみ)との対話では原節子(平山紀子)のあまりにも完璧な対応により平山とみはしくしくと泣いてしまう。穏やかでまあるい雰囲気をもったやさしい母が泣いている場面は涙を誘う。
最後の場面では周吉が紀子に対してとみが言ったことももう一度繰り返す。そうしてとみの死を受けた二人は本音で語りだす。完璧に見えた紀子も、将来ずっとこのまま自分が独身でいられるかどうか不安であるということを告白し涙を流す。それに対してかまわないのだとやさしく慰める周吉の姿、二人とも独り身であるという点でやっと対等になりなき妻の時計を渡す。

私はこの作品は親子の問題であると共に夫婦の問題が隠された大きなテーマなのではと感じた。長男幸一とその妻、長女しげとその夫、これはもっとも平凡な東京の住民の夫婦の形であろう。これを基準にしてほかに様々にある夫婦の形、これが重要なテーマである。
周吉ととみとの夫婦関係は最も安定したものである。長年連れ添った二人、頑固な周吉がとみに当たる。旅行前に荷物でもめる二人の姿は演技とは思えないほどの自然さがあった。この二人の夫婦関係は典型的な古来からの日本人の夫婦象である。ただ、そんな二人も、長く連れ添ったためになかなか言い出せない部分もあるのかと感じるような場面が多々あった。熱海で夜中眠れないときなど、お互い思っていることは同じだろうになかなか言葉にしない。翌日の熱海海岸で佇む二人には、相手への信頼とともに、どこか悲しげな不安があるように感じられて仕方がないのである。
もう一つ特筆すべき夫婦間は紀子と今は亡き昌二の関係である。昌二は映画では登場しないが、そこには形容しきれない夫婦関係がある。何度も周吉ととみが紀子に対して、悪いから、嫁いでもらわないと私たちが辛いからといって結婚を勧める。
紀子はいいんですとだけ返すばかりで、その本当の理由も最後の場面でこぼすのであるが、どうしてもそれで全てが納得できはしなかった。亡き夫へ対する思いはもちろんあるとして、その夫の両親への後ろめたさももちろんあるだろう。ただ、それだけではない気がする。はっきりとはわからないが、自分個人の問題でもあるのではないだろうか。それは社会というものとも繋がっており、亡き夫の為に未亡人であることがよいと思われるような感情や、他の夫へ嫁ぐときの社会の目などを気にしているのではないかと感じられた。
つまるところ、夫婦というのはその二人だけの間に存在する関係ではなく、広く社会的にも繋がっている存在であるということである。

この対人関係や社会に縛られた人間が死ぬときこそそれらのしがらみから開放されるときである。作品を通して常に全員の母であった東山千栄子(平山とみ)が亡くなるところはこの上なく悲しい。何事に対してもいつも穏やかで二言目には「ありがと」と訛った感謝を口にしていた母が静かに亡くなっていく。打算的な子供たちは喪服をもって来るのに対し、万が一のことなど考えていない紀子は喪服を用意していない。ここにも対比が鮮やかに描かれている。
ただとみがもう持たないであろうと長男が判断して父周吉と妹のしげに告げる場面ではこの子供たちが別に親を嫌っていたわけではないことがよく窺える。確かに普段から邪魔だ面倒だと思っていても、それはやはり一種のあまえなのであって、母がなくなることを聞かされたしげはえんえんと鳴く。それに対する周吉の「そうか、いくんか」という静かに死者を見送る対比が観客のこころを強く引き寄せるのである。

これを見て何か娯楽的なファニーを求めることは出来ないと初めに言った。だが、この作品を見て思うことは、この映画が全く新しいことである。当時の問題は製作から60年を経とうとしている現在でも全く変わっておらず、これを取り上げ、ここまで鮮烈に描ききった作品は類を見ない。
子はいずれ親になり、親はいずれ老人になる。この生というものの大きな変化、これを親子、夫婦という点を通して描いた作品は現代でも色鮮やかなドキュメンタリーである。次女の香川京子(平山京子)が義姉である原節子(平山紀子)に対して、兄や姉は間違っている、薄情だということを訴える。しかし紀子はそれを聞いて、いずれはみんなそうなるのよと諭す。ちょうどその境目にたって先を見てしまった紀子は、不安と戦いながらも突き進んでいくしかない。
最後の周吉と紀子が二人でしゃがんで遠くを見つめている場面は、そんな大きな時間の流れと比べるとちっぽけな人間を描いたようで、それでいて立ち向かおうとする勇姿に見える。

平山 周吉(ひらやま しゅうきち) - 尾道市在住の72歳の老人。
平山 とみ - 周吉の妻。68歳。
平山 紀子(- のりこ) - 周吉の次男の昌二の未亡人。会社員。昌二は第二次大戦で戦死した。
平山 京子(- きょうこ) - 周吉の次女。小学校の教諭。両親と同居している。
金子 志げ(かねこ しげ) - 周吉の長女。美容師。東京で美容院を経営する。
平山 幸一(- こういち) - 周吉の長男。内科医。東京で内科医院を経営する。

笠智衆(平山周吉)
原節子(平山紀子)
東山千栄子(平山とみ)
山村聰(平山幸一)
杉村春子(金子志げ)
香川京子(平山京子)
三宅邦子(幸一の妻、文子)
中村伸郎(志げの夫)
大坂志郎(周吉の三男、平山敬三)
十朱久雄(服部)
長岡輝子(服部の妻)
東野英治郎(沼田三平)

コメントの投稿

非公開コメント

小津をひとりで見てはダメ(笑)

石野幽玄さん、ども。はじめまして。
 旧作日本映画専門の感想駄文ブログをやっているものです。
  ここ数日、当ブログの、「小津漬の味2 『東京物語』東山千栄子の死因は原節子だった? 」が、なぜかアクセス数が増え、またどこぞのTVでもやっていたか、と原因を探っていて(笑)、検索であなた様のブログに寄らせてもらったしだいです。

 で、気になる点を二点ほど。
>初めてこの映画を観ていて違和感を感じたことが小津監督の有名な手法であるローポジションだ。通常の対話の撮り方とは異なり、話者を真正面から写す。

 ローポジションは、キャメラの高さの設定であって、「話者を真正面から写す」かどうかとは、まったく関係がありません。
 ローポジであっても、斜めから、横から、後ろから、映してもローポジはローポジです。
 ま、こんなことは些細な思い込みで、むしろ「こうするとなんだか自分に語りかけられているような心持になって少し気恥ずかしいが、その分会話が身近に感じられて理解しやすくなると感じた」という感想が新鮮で、こんな新鮮な意見が聞けるのは、うれしいです。

 しかし、そんな些細なことは、どうでもいいことなので、より大事なことは、

>『東京物語』には『吾輩は猫である』にあるわらいの要素がないのである。

 石野さんは、おそらくTVモニターないしPCなどで、お一人で、冷静に、見たと思われますが、「東京物語」を含む小津の戦後作品は、並木座、文芸坐などの名画座では、常に満席の観客が、爆笑に継ぐ爆笑で見ているコメディ映画でもあったのです。

 しみじみした場面もありつつ、観客たちは、爆笑につぐ爆笑を持ってこれらの小津映画を見ているのです。
 小津をひとりで見てはダメ(笑)数十人以上単位で見ると、半分は、コメディなんですよ。   昔の映画
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。