スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カサブランカ(Casablanca)』名画鑑賞 感想とレビュー 歴史に翻弄された男と女

1942年製作のアメリカ映画。
ハンフリー・ボガート(リック・ブレイン)
イングリッド・バーグマン(イルザ・ラント)
名画鑑賞ということで兼ねてより観たかったカサブランカ。
カサブランカとはスペイン語でカサ=家、ブランカ=白、という意味で直訳すると白い家です。地中海に面したモロッコの大都市カサブランカの町は真っ白な家々のイメージがあります。これは家の壁に石灰を塗っているためです。もともと石灰岸の産地でもあるらしく、材料としてはこと欠かさなかったのです。太陽の光がとても強い地域ですから当然暑さが尋常ではないわけで、それを照り返すために白を塗って町全体を冷たくしようとしたのです。外は熱くても家に入るとひんやり感じるそうです。
そんな美しい町カサブランカも歴史に翻弄された町でした。この映画は第二次世界大戦ドイツの侵略を受けてアメリカに亡命しようとする人々が集まる町だったのです。
そういった経緯から反ドイツの場面が多く描かれています。戦時中のアメリカ映画というのか大きな影響力をもっていたらしく、これは一種のプロパガンダという見方も広くされています。
確かに少しドイツに対する描き方が露骨だとも感じました。時代だからといえばそれで済んでしまいますが、この映画には政治的な面も大きいので歴史をわかっていないと何を言いたいのかわからないかも知れません。
この時代の過渡期にあって翻弄された男女ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが美しくも切ない恋をします。男女の関係で愛し合っているのに離れなければならないという構図はよく見かけます。例えば、親だったり、病気だったり、第三者の介入だったり。しかしこの映画はその二人を引き離すのが大きな歴史の流れなのですから、スケールがとてもでかい。これに何とかは向かおうとした二人の強さ、これを感じ感動しました。
ボガードの男らしさといったらとても今の男にはまねできない程たくましいのです。最後の英断は男のなかの男でした。その点において歴史の流れに負けつつも勝っているのではないでしょうか。

劇中で流れる「アズ・タイム・ゴーズ・バイ(As Time Goes By)」はとても印象的です。有名なのでもしかしたら聞いたことのある曲かも知れません。これは1931年にハーマン・フップフェルド(Herman Hupfeld)が、ブロードウェイ・ミュージカル『エブリバディズ・ウェルカム 』("Everybody's Welcome")のために作詞・作曲した曲です。劇中ではかつて流行した曲だということで二人のテーマソングになっているのです。



As Time Goes By
You must remember this
A kiss is still a kiss
A sigh is just a sigh
The fundamental things apply
As time goes by

And when two lovers woo
They still say: "I love you"
On that you can rely
No matter what the future brings
As time goes by

Moonlight and love songs - never out of date
Hearts full of passion - jealousy and hate
Woman needs man - and man must have his mate
That no one can deny

It's still the same old story
A fight for love and glory
A case of do or die
The world will always welcome lovers
As time goes by

覚えておきなさい
昔も今もキスはキス
ため息はため息にすぎない
基本的なことは変らない
時代が変っても

恋人同士、いちゃついては
あいも変わらず、愛してると言い
あんたもそれを頼りにできる
時代が変わり
未来が何をもたらそうとも

古ぼけることのない月光とラブソング
胸にあふれる情念―嫉妬と憎しみ
女は男を必要とし、男には女房がないといけない
こればかりは誰も否定できない

あいも変らぬ古いお話
愛と栄光のための戦い
行動さもなくば死という問題
世界はいつだって恋人たちを歓迎するだろう
時代が変っても

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。