スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 感想とレビュー メリル・ストリープの演技がはんぱない件

タイトルのみ現代風?にしてみました。今話題のマーガレット・サッチャー鉄の女の涙を見てきましたよ。
英語で書くと『The IRON LADY』ですから日本語的な発想で考えてしまうと、アイロン掛けでもする女性の話かななんとことになりかねないですが・・・。
監督はマンマ・ミーアから引き続きフィリダ・ロイドということで、彼女の魅力を最大限に引き出せるようなすばらしい映画になっています。
強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生を描いた作品としていますが、その点おいて少し述べておきたいと思います。私はどちらかというと、回想録のような感じがしました。というのも映画の約半分が現在のマーガレット・サッチャー、つまり認知症に苦しんでいる老女として描かれているのです。そして娘がやってきたり、なくなったはずの夫の幻想を見る中でかつての自分を回想していくという構成なのですね。
私はてっきり若い頃から順々に話が展開して現在にまで至るか、或いは最初に現在があって過去の回想があってそして現在まで持ってくるという形を、コマーシャルなどから想像していたのでその点において少し残念でした。というのも、基本は現在の老女の映画で、事あるごとに昔を思い出していくというかたちですから、過去の話がぶつ切りでつながっているような流れがないからなのです。ぱっぱっとスライドショーで過去のことを見せられていくようで、そこをつなげてほしかったなというのが私の願いです。
構成については少し残念でしたが、話題になっている通りにメリル・ストリープの演技は最高以外の何者でもありませんでした。サッチャー首相本人が活躍していた頃を私は知りませんので、本物がどのようであったかを詳しく知ることができませんが、それでもメリルの演技はまったくメリル・ストリープということを忘れさせられるほどの迫真さがありました。
またなりきるとかまねるという次元を通り越した、何か超越したものが感じられ、演じているという感覚が消えてしまいます。まるで、メリル・ストリープという面をもったサッチャー首相がそのまま映像化しているような、それ自体が既に完成しているような感じでした。
そして特筆すべきはなんといってもその演技の幅です。もちろん特殊メイクの技術が格段に上がってきているのがわかります。しかしそれ以前に、おそらく特殊メイクなしでも80代のおばあちゃんだなと感じるようなメリルの演技には驚かされます。例えば年をとると何気なく口から声が漏れてきてしまうことってありますね、まさしくその通りなのです。からだの動かし方、動作一つ一つが年代に合わせて変化している。その緻密さはまさしく第84回アカデミー賞で主演女優賞を受賞するだけの価値があるものです。
TVでもよく放送されているように、その演技への追及は外見、動作のみにとどまらず、喋り方にまで及びます。メリル自身は数日間ホテルに籠って彼女の映像を研究したといっていました。下に上げた映像資料は首相に任命された後の演説で、セリフがかぶる部分がありますからよく比較してみてください。
この映画をみて考えることは、一人の女性が一生を通して賭けてきたもの、その結果がどのように彼女自身にかえってきたのかということです。強い意志、政策は時に痛みを伴いました。労働組合を押しつぶすかのような圧制を敷いたこともあり、人間が抱えるには余りに大きすぎる問題を抱えました。特に有名なのは1982年のフォークランド紛争、まさかこの時代に戦争が起こるとは誰も考えていなかった時分にサッチャー首相がとった選択は、まさしく時代を変える、変革するという彼女の人生の象徴であるようにも感じられます。
そんなサッチャー首相ですからもちろん命も狙われ、側近の議員を早いうちに爆破テロで亡くしていますし、本人も夫デニスと共にグランドホテルにて爆破テロにあうという壮絶な日々を送っていたのですね。
一つの党から一つの国を変え、時代を変え、世界を変えたまさしく生きとし生きる最高の女性像である一人の女性と、数々の役を演じ、ハリウッドの宝物のような名女優が織成す最高のヒューマンドラマが出来たのです。
劇場に足を運ぶことをお勧めします。

やはり似ています。本物のサッチャー首相と映画の一部分、予告編




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。