婦系図 泉鏡花 感想とレビュー 古典的作品の構造 謎多き男の逆襲とは

s0156l_convert_20110907025158.jpg

私世間で言われる古典というものが大好きでして、私が本を読む切っ掛けになったのも夏目漱石なんですね。
そこで今回は泉鏡花の婦系図を読みましたのでここに記します。
最近の若い方は泉鏡花なんて知らない人が多いのですね。悲しくなりますが、もっと悲しいのが泉鏡花を女性だと勘違いされている方ですね。泉鏡花は男性、しかも夏目漱石とほぼ同時代のおじ様なんですね。
して泉鏡花の名作とも言われる婦系図、たぶん多くの人には本筋が動き出すまでの助走が長すぎて疲れてしまう方が多いと思います。主人公の早瀬と芸者上がりの蔦との秘密裏の結婚生活から始まるのですが、最後はまったく圧巻のフィナーレとなるわけです。
いねむり先生でも師の存在について書かれていましたが、これにも酒井先生というのがこれまた重要な存在となるわけです。始めこの時代では自由結婚がほとんどなく、まして芸者などと結婚するのは世間体に顔向けできることではないので、酒井先生は物凄い剣幕で早瀬に迫るわけですね。俺(酒井)を取るか女を取るかと、こういう選択をさせられる。そこで時代も時代、師匠との縁を切れずに女を捨てますと早瀬も男らしい。
それでいろいろな不祥事も起こり早瀬は一人田舎に隠れ逃げる。ここまでが前半で、これからいよいよ鏡花の腕の見せ所。酒井先生の娘妙への縁談を持ち込んだ河野一家への壮大な逆襲劇となるのです。
なぜ河野家を目の敵にするか、これは泉鏡花自身の心情もあって、河野家は所謂家のために娘をいいところへ嫁にやって、自分の子供よりも家柄、家督を重んじる家だったのですね。そんなところの娘に生まれては自由恋愛もなにもあったものではない。
また先生のお嬢さんの妙に縁談を持ち込んだ河野の長男もこれまたひどいボンボンで、読んでいて腹が立ちました。
この早瀬、表面は別段なんともないのですがすごい男。次々といいところへ嫁がされた河野の娘たちに取り入っていく。最後のシーンは凄まじい流血で終焉となるのですが、こういった芝居をみたような(実際芝居や映画になっているが)壮大な作品は久しぶりに読みました。
蔦を初めとする美しく健気な女性達もまたこの作品の中枢となってすばらしさを際立たせます。また先ほど書いた酒井先生ですが、蔦の危篤にどうして早瀬と別れさせたのかを涙しながら伝えるのですね。そこでもって読者は師の存在、師の弟子に対するあつい思いに触れるわけです。
また特筆すべきは鏡花の文体でしょう。冒頭を少々。

『素顔に口紅で美いから、その色に紛うけれども、可愛い音は、唇が鳴るのではない。お蔦は、白歯に酸漿(ほおずき)を含んでいる。「早瀬の細君(レコ)は丁ど(二十)と見えるが三だとサ、その年紀で酸漿を鳴らすんだもの、大概素性は知れたもんだ、」と四辺(あたり)近所は官員(つとめにん)の多い屋敷町の夫人連(おくさまれん)が風説(うわさ)する。』

非常にテンポのよい詩のような文体なんですね。こんな文体を見たのは初めてでした。同時代の作家、夏目漱石や森鴎外も独特な文体を持っていますが、やはり少し硬い。五言七言が多い鏡花の文体はスラスラと読めてしまいます。
それともうひとつ、彼は非常に面白く当て字をするのですね。冒頭三行でも既にわかりますが、ほかにも恍惚を(うっとり)、真個(ほん)、無代価(ただ)、肥満(ふとっちょ)、肩掛(ショオル)、低声(こごえ)、まだまだたくさんあるのですが切がありません。
泉鏡花の魅力、私の下手説明で少しでも伝わったでしょうか。もうじき秋ですね。秋の夜長に婦系図を読むのもよいかもしれませんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア