スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリー CM スターウォーズ・コレクションがやばい件

最近TVを見ていてどうしても笑わずにはいられないCMがあります。ただ私がスターウォーズの大ファンだということもありますが、CMの出来のよさがなんともたまらないです。スターウォーズを使用したCMは今までいくつかありましたが、郡を抜いてその質がよいのがこのグリーのCMですね。上手くCGを使用していて全く違和感がない。
マスターウィンドウをボビーオロゴンが演じる評議会シリーズ。マスターオロゴンが評議会のメンバーなんて先が思いやられますね。しかし上手く黒人を起用しているところが乙であります。ボビーの提案に対してウィンドウの弟子であるデパ・ビラバとメンバーのイース・コスが互いに見合う場面は、2万人を擁するジェダイの最高のメンバー12人の評議員をもってしても驚きを隠せないというコミカルな展開になっています。2篇ではマスターヨーダのあの目が本編とは全く正反対の、ボビーを見下したような目になってしまっています。
グリーGREE CM スターウォーズ ヨーダ ボビーオロゴン 15s×2


デススターシリーズではあのデーブスペクターが皇国軍の提督の一人を演じるということで、どれもこれも人をおちょくった感じの軽いデーブの演技にベイダー興が制裁を加えます。「このデーブスターの駄洒落の破壊力も・・・」というのは本当に面白い。まさかここに駄洒落を持ってきたかという最初に見たときの衝撃は忘れられません。2篇では敵である同盟軍すら誘ってゲームをやろうと提案するデーブ。しかし何を勘違いしたかベイダーを完全におちょくってしまったが為に制裁と・・・。3篇ではまさかのターキン総督ことグランド・モフ・ウィルハフ・ターキンが思わず顔をしかめるという危険な状況にあるにも拘らず突き進むデーブ。結末は言うまでもなく・・・。
「スター・ウォーズ コレクション」TVCM デス・スター篇-1

「スター・ウォーズ コレクション」TVCM デス・スター篇-2

「スター・ウォーズ コレクション」TVCM デス・スター篇-3


日本が大好きでジェダイの発想も日本の武士からアイデアを得たジョージルーカス。そんな日本びいきな彼だからこそこのCMを作ることが出来たのでしょう。例えばチューバッカというウーキーのクリーチャーは他でもない日本語の大馬鹿を中馬鹿にしたものですよね。それに現在CGによりエピソード2から3までの間のクローン戦争を描いた作品に登場するアソーカというパダワンは「ああそうか」からとったものでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

グリーのCM

utukusisaさん、はじめまして。
このCMシリーズが好きで検索していてこちらのブログを知りました。
なかでも、ターキン総督がイヤ~な顔する編がドツボです。
ピーター・カッシングとアレック・ギネスのような名優が出演したことで作品にも重みが出たと思うので、35年の歳月を経てのパロディーは笑いの他にも感慨深い思いでいっぱいです。
スターウォーズは永遠ですね。
うちの猫はレイア(♀)とチューイ(♂)っていいます(笑)

Re: グリーのCM

ねいさんコメントありがとうございます。
こういうスターウォーズファンでも素直に面白いと感じられるCMってなかなかありませんよね。
私は世代で言うと新3作世代なのですが、それでも旧3作の面白さは今でも輝きを失いません。
猫の名前もレイアとチューイとは、いやはや恐れ入ります。
何故3Dで上映するのかという疑問がまだ払拭しきれていない私ですが、スターウォーズがまた注目を浴びて多くの人に見てもらいたいものですね。
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。