スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『きみに読む物語』 感想とレビュー 真実の愛はここにある

しばらく映画の記事を書きたいと思います。
今回紹介するのは2004年に製作された『きみに読む物語』です。あらすじは、アメリカ南部シーブルックを舞台にした、青年ノアと少女アリーのひと夏の出来事を認知症の老婆に老人が語っていくというスタイルです。
原題がThe Notebookということで、老人は元々詩を書いていたようなのですが、大きな本を片手にずっと若い二人の恋を語っていくわけです。ところどころ回想が終わり老人同士の話になるのですが、次第に内容からするともしかしたらこの老人の過去を語っているのではないかなと思えてきます。老婆は事あるごとに老人に言います。「そんなの不公平だわ」「ノアがかわいそうじゃない」「それでどうなったの」、初めはあまり感情も出さずに見ず知らずの老人に対して不安を感じていましたが、感情移入が進むと徐々に話し出すようになります。
ノアが田舎町の貧乏な少年なのに対し、アリーはお金持ちでこの田舎には避暑に訪れているだけ。なんとも不釣合いな二人が何度も何度も喧嘩しながら愛を確かめ合っていくのはハラハラドキドキします。かつては私もあんなに若く、こんなにもぼろぼろになるように人を愛したのかなとも考えてしまいますね。
しかし幸せ絶頂の二人には幾多もの試練が満ちていて、結末までのなんともどかしいことか。この恋愛に対し強く反対していたアリーの母アンはどうしても好きになれない人物ですが、最後にどんでん返し。どうしてアンが娘に対しこんなにも厳しく辛くあたってきたのか、その理由がわかるときには母、娘のあまりにもつよい愛情が垣間見れるでしょう。母は娘に同じ過ちを繰り返して欲しくないが為の行動に、それが正しい正しくないというのは簡単に言い切れる問題ではありませんがやはりこのように動いてしまうのが親心なのかなとも思います。
そんな親と子の物語が終わったところで、本題は恋人の話ですからそちらに移行するわけですが、最後まで読み終わると同時に認知症の老婆が「それは私たちの話ね」と切り出して、科学的に説明の出来ない記憶が一時的に戻るという現象が起こります。そして熱い抱擁を交わす二人でしたが、すぐに「あなたは誰、なんで私の部屋にいるの」とまたパニックを引き起こしてしまいます。若い頃の話が終わってやっとハッピーエンドになるのかと思っていた時分ですからぐっとこみ上げてくるものがあります。何故一筋縄で幸せになれないのか、なんとも無常だと打ちひしがれます。
老人も心臓の発作で倒れ、何とか一命を取り留めますが、最後の最後で老婆のところを訪ね「このまま二人で一緒に死ねるのかしらね」というアリーの問いに「私たちは何度も二人で乗り越えてきたじゃないか、私たちの愛なら何でも乗り越えられるよ」といい幕を閉じていくのが言うに耐えません。
もちろん悲しいことは悲しいのですが、一生涯をかけて人を愛するという行為、これが科学的に説明できないような現象まで引き起こし共に旅立つというのはこの上なく感動的であります。本来なら恋人と見るべきものなのでしょうが、生憎いませんので一人で見ましたが、こんなに人を愛せるものかと感慨深いものがありました。
何度も何度も、失敗してもくじけそうになってもそれでもきみに物語を読み続けた老人。愛とはなんなのか深く教えられました。
こんなにいい映画は珍しく、皆さんにも観ていただきたい。


ノア・カルフーン/ライアン・ゴズリング アリー・ハミルトン/レイチェル・マクアダムス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。