スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎解きはディナーのあとで・東川篤哉 感想とレビュー ゆるミスのはじまり

20100902G074.jpg

謎解きはディナーのあとで・東川篤哉、これを先日よみました。この本は2011年の本屋大賞1位ですね。はちゃめちゃな設定と奇想天外の展開によって繰り広げられるミステリー小説。
令嬢刑事と毒舌執事とは一体どこから思い出た設定なのか、私もびっくりしましたが、その新鮮さ斬新さが受けているようです。
この本ミステリーとしてはそこまで内容は深く硬いものではありません。どちらかと言うと本をあまり読まない人でもスラスラ読めるような比較的軽い内容です。コメントにもミステリーなのに笑えるとあります。
ただ、天地明察のようなあつい本を読んだあとでは少し軽い内容にあっけなく終わってします分量に対しあっさりしすぎの感が否めないかもしれません。
ただ日ごろ本を読まない方や、ミステリーを読んだことがないような方には最適な本だと思います。また視点は令嬢刑事ですから、どちらかというと女性の方がこういうの好きかも知れません。どうぞ皆さんも手に取るなり、彼女に進めてみるなりして楽しみを共通してくださいまし。私は残念なことにそういった楽しみを共有すべき女性がおりませんので、専ら偏屈になるだけでございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。