スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欅坂46の文学性

欅坂46は2015年8月21日に誕生した、アイドルユニットである。2016年4月6日サイレントマジョリティーを筆頭に、いままでに4作アルバムを発表。先日、2017年4月5日には第四作目となる新作、不協和音を発表し、NHKの歌番組SONGSでも特集がくまれたり、今話題沸騰のグループである。
最近めっきり記事をかかなくなった僕だけれども、このグループについては、なんか感想めいたものを少し書いておきたいなと、ひさしぶりに思わせるものだった。それはなぜかというと、そこになにかしらの「何か」を感じたからである、それをタイトルでは文学性と表現したけれども、そんなものは音楽性でもなんでもいい。

自分の言葉で表現してもよかったけれど、Wikipediaに端的にのっているのでそれを引用しよう。
「アイドルソングとしては珍しい低音寄りの構成で[41]、軍隊のような衣装と[注 1]、統率されたダンス[37]、メッセージ性の強い歌詞を[44]、女性アイドルグループらしからぬ出立ちでクールに表現し[45]、「システマティックに作られた社会を象徴するシーン」と「若者の力強さと勢いを表したシーン」の2つの情景が取り入れられている」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC
サイレントマジョリティーとはどんな作品かと聞かれたら、このような要素を取り上げることができるだろう。
それまで、古くまでさかのぼれば、アイドル全盛期時代から、アイドルユニット、おニャン子、モーニング娘。それから00年代にはいってからの圧倒的だったAKB。乃木坂などの流れがある中で、このユニットはあきらかにそれらの系譜からは逸脱していく流れである。
それまでのを踏襲して、それを補完しているといってもいいかもしれない。
とにかく、センター平手友梨奈15歳を筆頭にしたこの数あるグループのなかでも特に平均年齢の低いグループは、通常の流れであれば、「かわいさ」を一番に押し出してくるようなところを、あえて直球ではなく変化球で投げたというのがおもしろかった。それさえも、秋元康の思惑にからめとられているところを思うと、なんともいえないところがあるが。

いまのところ、けやき坂の4つの表題作は、二つに分類することができる。
すなわち、システム化された社会に対する若者の抵抗という社会的メッセージのある『サイレントマジョリティー』『不協和音』と、もうひとつは、季節を描写したような『世界には愛しかない』『二人セゾン』である。
サイレントマジョリティーのほうが、世間ではどうも人気があるようなので、あのセンセーショナルな、尾崎豊のようなアンチ現代社会の批評が、意外と現代のわかものにはいいらしい。
大卒で批評を専門として勉強してきてしまった、20代半ばくらいの人間になると、あの若者の痛切な叫び、みたいなのは純粋にそのままではなくて、秋元康が言わせているものだしなあ、といううがったみかたをしてしまうので、私にとってはこちらのふたつの作品はなかなかつらいものがある。
特に最新作の不協和音は、途中で二度さけばれる「僕は嫌だ!」という叫びが挟まれるが、うーん、いきすぎじゃないかなあと思わなくもない。また個人的に好きでない、ロボットのような不自然なダンスがこの二曲にはあるので、この二つの曲は、その政治性(批判している大人、社会の代表格ともいえる秋元がいわせている、「マッチポンプ」)と、そのダンスにおいて私はあまり好きになることができない。
それを現代の高校生くらいは、わあすごいなあ、僕もこのうっくつして、出口のない日本社会においてそう思っていたんだ!と素直に思えるのだとしたら、それはとても純粋だが、私からしてみたら、ちゃんと大学にいってそういうものに対する批評性をみにつけないと、あなたこそ「サイレントマジョリティー」に結局なっちゃうのよ、なるのならせめて「サイレントマイノリティー」か「ノイジーマイノリティー」になろうね、といいたい。

だが、秋元康のそうしたマッチポンプ的、あまりにもうますぎる商業的精神がかいまみられるこれらの作品はおいておいて、彼の季節や自然を切り取る文学性においては、やはり一目を置かねばならない。私はいままでずっと文学に政治を持ち込むなと思ってきているが、やはりそれをやられるとだめだ。
その点、それがない季節を描写した二つの作品『世界には愛しかない』『二人セゾン』は、とても美しい作品だと思う。
『世界には愛しかない』が、春から夏にかけて、『二人セゾン』が秋から冬にかけてを表現している。
『世界には愛しかない』は、学園生活の風物詩でもありそうな、もはやそんなものはもうあまり行われていないのかもしれないけれども、学園祭なんかでだされそうな、朗読劇調で、朗読がはいる。やや過剰な演出だなと私は思うけれども。
私が最も好きで、もっとも自然だと感じるのは、『二人セゾン』
二人セゾンは本当にすばらしいと私は感じた。なんといってもメッセージ性があるにしても、政治的ではないし、あるとしたら、それは今という一瞬を大事に生きろ、といったような毒のないメッセージだからだ。そしてダンスも作品のなかで、もっとも「キレイ」である。『サイレントマジョリティー』にしても『不協和音』にしても、まさに不協和音など、タイトルがしめすように、もとから調和を目指していない。調和をたっとぶ、どちらかというとキレイ目好きな私からは、違和感を覚えざるを得ない。それに対して『二人セゾン』のあのうつくしい、整ったダンスはなんとも形容しがたい。
途中間奏中に平手がうでをふりまわしながら踊る場面があるが、若者の熱い生命力を表現するとしたら、ああいうほうが私はとても自然だと感じる。

しかし、この4作で出し尽くしてしまった感はある。
これから秋元先生が、けやき坂のためにどんなテーマの楽曲を書き下ろしてくれるのか、今後が気になる。

一点私が気になるのは、あまりにすごいとはいえ、この四作すべてセンターを平手が勤めさせられていることだ。そもそも15歳の段階で、まだ人間としてはあまりに未熟すぎる、彼女には極めて大役であるといえよう。それにSONGSでも見られたように、彼女はもともとあまりアイドルが向いているような子ではない。どちらかというと奥手で、マイナス思考なくらい女の子だ。その点は、秋元プロデュースのAKBの前田敦子とも共通するものを感じないではないが。まあああいうくらい感じの子が日の目を見れるというのを体現してくれている秋元は、私はなんだかんだいって彼のことが嫌いだけれども、そういうことを体現してくれているのは、若者にとって希望となり得ていることは確かだと思う。
AKBは、いまのところ、卒業した彼女たちは、それぞれ自分の仕事を、AKBに所属していた時よりかは減っているとはいえ、それぞれが独立した、少女から大人の女性になっていっているのを見て、私は安心をしている。
だが、これまで日本の芸能界が、かずかずの子役をすりつぶしてきたのと同じように、他のメンバーが17,18,19くらいであるなかで、1人だけ15歳である平手が、根を挙げはしないかと私は思う。
根を挙げなかったにしても、彼女の一回性の大事な人生を、極めて困難な青春時代にしないかと心配になる。彼女がこれから秋元の加護があるとはいえ、大人のダークな芸能界の世界のなかで、その純粋性を保って無事に大人になれるのか、擦り減らないか、息詰まらないか、大人が少女の純粋性を利用してお金にしていることがどんなことか、考えなければならないと思う。
そこは見守っていきたい。それが大人の責任だと思う。

スポンサーサイト

2017年3月の映画鑑賞 『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』『モアナと伝説の海』

一応エリートオタクを自称する私としては、大学を卒業してもなお、文学士としてのほこりを持ち、映画鑑賞、文芸をチェックしていくことを怠ることはない。
といってもすべてを完璧にこなすことは、『アバウト・タイム』に登場する父さんのように、なんども時間を往復して作品を味わい尽くすことができるわけでもないので、仕事も忙しく自分の時間のもてないなか、限られてはしまう。

ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
ネットでも話題となっているようである。私はそれらにまで時間を割いている余裕がないので、ネットでどのような批評が繰り広げられているのかしらないが。
モアナを見に行ったところで、時間に都合があったので、その時間にやっていたドラえもんをみることになった。ドラえもんの映画を劇場でみるのは、ほんとうに久しぶりだ。小学生の時にかなり話題になった「ワンニャン時空伝」を見て以来だから、ほんとに13、4年ぶりくらいではないだろうか。
ワンニャン時空伝は、大山のぶ代がドラえもんの声を担当した最後の映画ということもあり、今思えば一つの時代の節目だったような気がする。
一応ドラえもんとクレヨンしんちゃんの劇場版は、旧作はすべて一度は目を通している。
ワンニャン時空伝以降、声優が交代して以降の作品は次の通りだ。
のび太の恐竜2006
のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜
のび太と緑の巨人伝
新・のび太の宇宙開拓史
のび太の人魚大海戦
新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜
のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜
のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)
新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜
のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
新・のび太の日本誕生
旧作時代だからのドラえもんファンとしては、あたらしい声優は、というややアンチめいた感情をもたないでもないが、それでもすでに彼女たちも10年もやっているのだから、そういうことをバカにはできないし、そういうのをいつまでもバカにする態度は老害的態度といわざるをえない。
だが、地上波アニメも声優が交代してからしばらくはみていたが、原作者の不二子・F・富士夫がなくなったということもあり、ストーリーは以前のものの作り直し。私のなかでは記憶があるから、なんだ焼き増しじゃないかと思わざるをえなかった。劇場版についても、きちんと見ていないが、「新」がつくように、それらは過去の名作たちの作り直しでしかない。
新劇場版のほうで見ているのはのび太と緑の巨人伝と新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜か。鉄人兵団は、加藤浩次が声優を担当したということで話題になっていたのを記憶している。鉄人兵団は、コンスタントに旧作とみたため、その差異があきらかとなり、20年の年月が経つと、どのように表現が変わるのかということを感じた作品でもあった。
新~がついている作品と旧作との比較、というのは、この二三十年での子供向けアニメにおける表現の変容としては、非常に参考になる資料だ。私はいまのところそれらの研究をする精神的な体力も時間もないが、よい視点だとは思う。大学生レベルでもできる比較研究だろう。

今回のカチコチは、完全オリジナル作品というわけであるが、ドラえもんはしばしば自然や科学(科学技術や科学倫理)についての視点を子供たちに提供してきたように思う。
たとえば、私が生まれた年である92年の名作 のび太と雲の王国では、行き過ぎた環境保護(きわめて過激的)は、結局人類をリセットするというノアの箱舟的なところまでいってしまい、一見いいとされるはずの環境保護でさえも行き過ぎはよくないというきわめて啓蒙的な、批評的な作品であった。
今回のカチコチは、とある星での科学技術がきわめて発達したために、その科学の暴走をおさえられなかった人達の悲劇が描かれた。それは日本のアニメが70年代くらいからずっと追い続けて来たテーマであり、そういう意味でこの作品はテーマとしてはとても古いものを取り扱っているということができる。たとえば行き過ぎた科学などで自分の星をほろぼしてしまった、というようなのは、銀河鉄道999や、宇宙戦艦ヤマト、マクロスなどに何度も登場するテーマである。
また自分たちの作り出してしまった兵器がコントロール不能に落ちるという点で、ナウシカの巨神兵を思い起こさせられた。こうした過去の日本のアニメ史へのオマージュが今作は非常にあったと思う。

さすがに2017年という時代だけあって、ドラえもんの映像はきわめてうつくしかった。
セル画的な雰囲気を残しつつ、おそらくデジタルで描いているのだろうけれども、昨今の不自然さがぬぐえないようなCG作品とはことなり、手が書いたような線描がとても温かみを帯びた絵であった。
ドラえもんといえば子供向けであるはずであるが、大人の私がみてもそん色ない作品であったことは確かだ。満足はした。

モアナ
モアナはさすがディズニーという感じであった。これは私のなかで、五段階評価で5の満点を獲得する作品である。
去年一月仕事を休んでハワイでバカンスをしていたということもあり、ポリネシア、太平洋文化といったものを下敷きにしたこの作品に思いを寄せることはいくつかあった。
たしかに今と違ってどこにどんな島があるともわからないなかで、立派な船をつくれるわけでもないなかで、あの広大な大海原へとでていく人間たちの心理はやはりすごいものである。

これまでディズニーはプリンセスが主人公で、そのプリンセスがいかにイケメンの王子様のハートをしとめて「幸せ」になるか?ということを描いてきた。シンデレラ、白雪姫、アリエル、美女と野獣(はややテーマ性がことなるけれども)すべてにおいてそうだった。
それが、70年代ころからはじまる女性解放運動、フェミニズムの台頭によって、痛烈に批判され、それがようやく作品をつくる人間にまで無意識のところまで落とし込んできたのがようやく2010年代ということで、『アナと雪の女王』では、恋愛関係ではなく、人間と人間としての姉妹愛があればそれでいいじゃないか、というフェミニズムにのっとった作品になっていた。これまでの自分の歴史を反省するということをディズニーという巨大な組織ができるようになったのが、やはり時代として意味があるのではないか。
ディズニーに買収されたルーカスフィルムの『エピソード7』もまた女性が主人公であるという点で、フェミニズム的な視点に基づいた作品だったと思う。

今回のモアナもまたそうである。女性が主人公であり、主に登場するのはモアナという少女と、半神半人のマウイという男性のみ。ふつう男女が二人いたらそこには恋愛が自動的に発生しそうなものであるが、そうではないと、たとえ男女二人組であったとしても、性的な関係以外の関係も構築できるだろう、恋愛がすべてではないでしょう、という文化的多様性を見せたのが今回の作品である。

話しはいたって簡単であった。かつてあった調和がとれた世界。そこからマウイというトリックスターが大事な宝を持ち去ってしまう。それが世界の混沌のはじまりで、世界に新しい秩序をとりもどすために、それを元に戻すというそれだけの話だ。話としては非常にふるめかしく、なにか新しいことがあるというわけではない。
話しもきわめて簡単で、モアナという少女がその宝を返しに行くという一点のみ。
日本のアニメのなかで動線がもっともシンプルでわかりやすいのは、ジブリのラピュタのような作品であるが、それ以上にシンプルであるという点で、さすがにディズニーだなと思わずにはいられない。動線がシンプルということは裏返せばストーリー性はないので、へたをするとつまらない、軽薄な内容、となり得ないことはないのだが、それにもかかわらず非常におもしろさを感じるのは、やはり往年のディズニーといったところであろうか。
それと引き換え、日本のアニメーションはというと、2016年に大ヒットした『君の名は』からつづき『声の形』『この世界の片隅に』そして今回の『ひるね姫』、あるいは3・24に金曜ロードショーにで再び再放送された『おおかみこどもの雨と雪』など、もう動線がぐちゃんぐちゃんで、なんなのかよくわからない。そういう技巧をこらさなければならなくなってしまっている、というのは日本のアニメ映画界での衰退ではないかと私は危惧する。『君の名は』はたまたまマーケティングがうまくいっていたので大ヒットしたものの、はっきりいって難しいだろう。よくわけがわからないまま、なんとなく感動したということになっているのではないだろうか。

ひるね姫
ひるね姫には期待していたものの、うーん、日本アニメ映画界のわるいところをそのままトレースしてきてしまったかという感じがして、3点台後半というところだろうか。
やはり動線がごちゃごちゃしているのがいけないと思う。
というか、二つの世界が徐々に近づいてきて交差するというのは、どう考えても村上春樹的(世界の終わりとハードボイルドワンダーランドや、1Q84など)すぎて、日本の文芸は、そういう物語が好きなんですか?といわざるをえない。『君の名は』にしても、二つの世界が徐々に近づいてきて交錯するという点で、この傾向を逃れられない。
瀬戸内海を舞台としているという点で、どうしても私としては『ももへの手紙』や『崖の上のポニョ』と絵のイメージが重なってしまった。

そして語られる夢の物語の主人公が実は自分ではなくその母であった、ということなど、謎解きとしてはとてもおもしろかったものの、結局その二つの交錯する世界の関係を最後まで説明できなかったのは非常に残念である。それを読者にまかせるというのはひとつの手ではあるけれども(村上春樹も謎を回収しないままなんとなく終わってしまうということで、それは読者へ対して失礼ではないか、と散々批判された)、あまり気持ちのいいものではない。シンゴジラのように、解釈合戦をひきおこさせたい、そうした謎にみちた、本編で解決しないというのは、いかにも春樹の『風の歌を聴け』庵野の『エヴァンゲリオン』的であるといえなくもないが。

結局あの魔法が使える国のおはなしは、なんだったのかということがよくわからない。
世界が同時並行的に存在していて、その二つが密接につながっており、まったく違う論理、ひとつは我々が住んでいる現実、物理法則にのっとった世界と、もうひとつは非科学的な法則、魔法の法則が通用する世界がある、という解釈もできる。
あるいは、魔法の国の物語は、いわば「象徴」なのだ、現実をそういうふうにたとえて、比喩をしているのだ、ということもできる。
まあその二つの世界が密接にむすびついているとして、いったいあの「鬼」という存在はなんだったのか、というのは最後まで謎が尽きない。渡辺という人物があやつることができたようであるが、それは魔法の国の話であって、あの鬼が現実世界のなにに相当するものなのか。
おそらくそれは、現実における、あの会社が負うであろう、社会的な負の力というようなものだったのだろう。オリンピックの開会式で車が制御できずに、世界中からバッシングを受け、ひとつの会社がつぶれてしまう。ひとつの会社が国と置き換えられる象徴世界においては、その国をつぶすだけの、ひとびとの想いは鬼ということになるのであろう。それを言葉巧みにあやつって、会社をつぶす、ダメージを負わせるというのはたしかにできたのかもしれない。



2月鑑賞目録

『子どもの「おそい・できない」にイライラしなくなる本』(PHP研究所2009)
『今どきの大人を動かす「ほめ方」のコツ29』(文響社、2016)
立石美津子『「はずれ先生」にあたったとき読む本』青春出版社 (2014
山口 敬之『総理』(幻冬舎、2016)
朝日文庫編集部 (編集)『ぐでたまの『資本論』 お金と上手につきあう人生哲学』(朝日新聞出版、2017)
青木仁志『一歩前に踏み出せる勇気の書』(アチーブメント出版、2016)

『劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』(2000)

12月鑑賞目録

片田 珠美上手に「自分を守る」技術: かわす、はね返す、やりこめる
三笠書房 (2016
田中 康雄 (監修) 『大人のAD/HD 』(2009、講談社)
榊原 洋一 (著), 高山 恵子 (著)『図解 よくわかる大人のADHD』(ナツメ社 (2013)

『ルパン三世ファーストシーズン』(再)(23話、1971-72)
『ナジカ電撃作戦』(12話、2001)
『ユーリonアイス』(12話、2016)
『天使と悪魔』(2009)
『この世界の片隅に』(2016)
『老人Z』(1991)

8月 鑑賞目録

8月は3から29までハワイにいっていた。まる一月のバカンスである。
僕の頭のなかには、あのあまりにも美しすぎる名画、ヴェニスに死すのイメージでいったのだけれども、ハワイってそういうところじゃなかったのね。
しかも本当の僕の目的は、あまりにもいそがしく働きすぎていて、しかも体力がないからいつも栄養ドリンク飲んで家買ったらキューピーコーワでドーピングしまくってたら身体がめちゃくちゃつかれちゃって、リンパ腫れちゃって、あー、こりゃだめだなということで、一月休もうと思ったわけ。で、なんとなく行ったことないし、いってみたかったのでハワイにいって休もうと・・・。
しかし、止まった場所はまあホステルでやすいということもあり、若い人たちがたくさんいて、しかもハワイって貿易風が吹いているから涼しいのね、それでクーラーないわけよ。だから必然みんな窓開ける。みんなまどあけるとうるさい、だからテレビの音とかも大きくする、するとよけいにうるさくなるという悪循環でまあうるさいこと。となりのビルの話声、テレビの音、ピロティでは若い連中が酒飲んで騒いでいるし、わたしはまったく静かな環境で眠ることができなかったのね。

ハワイって一月もいってみたけど、一月もいらないところだわ。遊んだの最初の二週間。バイク借りたい車かりたりしていろいろなところにいった。島も一周してみたし、タンタラスの丘とかパンチボウルとかダイアモンドヘッドとか高い所からワイキキを制覇。ほかにもパールハーバーのほうにも三回くらい足を運んでみたね。
でも遊んだの二週間でだいぶやってしまって、まあお金もそれでぜんぶふっとんじゃったというのもあるんだけど、あとの二週間は、クラナドを全話みて、それからは重い本を全部おいていかなくちゃと思ったのでどわーと本を読んで。結局2週間で20冊くらいよんだんじゃないかな。




中沢二郎『働く、なぜ?』 (2013/講談社)
カイゾン・コーテ (著), 中津川茜『ペンタゴン式、ハードワークでも折れない心のつくりかた』A (2015/KADOKAW)
片田 珠美『怒れない人は損をする: 人生を好転させる上手な怒りの伝え方』(2015新潮社)
ジャック・シェーファー (著), マーヴィン・カーリンズ (著), 栗木 さつき (翻訳)『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』(2015/大和書房)
小川 仁志 (著), 萱野 稔人 (著)『闘うための哲学書』(2014/講談社)
スマイルズの世界的名著、向上心
渡辺 順二『病気をその原因から治すホメオパシー療法入門』(2005/講談社)
笠原 嘉『精神科における予診、初診、初期治療』(2007星和書店)
伊藤守『こころの対話25のルール』(2000講談社)
海原純子『心が「きれい」になる医学元気が出るマインド・ダイエット』(講談社プラスアルファ文庫2004)
大原健士郎『あるがままに生きる 森田両方の心の処方箋』(1997/講談社)
向後善之『人間関係のレッスン』
橋本治『恋愛論』
梅田規子『生きる力はどこから来るのかー若い人たちへ、この世は見えない力で動いている』(2014/冨山房インターナショナル)
橋本治『負けない力』(2015大和書房)
苫米地英人『「イヤな気持ち」を消す技術』(2012フォレスト出版)
スマイルズの世界的名著『自助論」
西尾和美『心の傷をいやすカウンセリング366日 今日一日のアフォメーション』(1998/講談社)
大野裕『はじめての認知療法』(講談社現代新書2011)

『ズートピア』2016年
『名探偵コナン 純黒の悪夢 』2016年
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』2016年
クラナド一期、二期(23話・2007-08、24話、2008-09)
宇宙船サジタリウス(77話、1986-87)

7月 鑑賞目録
岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)『幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』(ダイヤモンド社2016)
横田 濱夫『12歳までに身につけたいお金の基礎教育』 (講談社文庫2004)
『機動警察パトレイバー』(アニメ、1989、47話)
『マギ シンドバッドの冒険』(2016、13話)


『映画:機動警察パトレイバー the Movie』(1989)
『ハリーポッター死の秘宝part2』(2011)
『ダイ・ハード4』(2007)
WXIII 機動警察パトレイバー 2002


『『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』』(2015)
プロフィール

幽玄

Author:幽玄

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
237位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。